妊娠・出産・おっぱい・育児情報
 Happy Birth


助産婦メモルが妊娠・出産・おっぱい・育児の情報を発信。
ママ・パパ、プレママ・プレパパ、そして助産師、たまご助産師まで・・・。
【Happy Birth】(赤ちゃんの幸せな誕生)に関わるすべての人を応援するサイトです。
 
妊娠のために | 出産・育児準備 | 妊娠初期 | 妊娠中期 | 妊娠後期 | 出産・産後| おっぱい | 名付け | 赤ちゃん | 育児 | 助産師になりたい



妊娠・出産・おっぱい・育児情報〜Happy Birth〜妊娠中期>体重コントロール:その1

 体重コントロール:その1

つわりがおさまると途端に食欲が出てきます。そこで重要になってくるのは体重コントロールです。
お腹の中の赤ちゃんの成長に伴い、子宮も大きくなり、羊水も増えます。またおっぱいも妊娠前より大きくなります。
体重が増えるのは当たり前のことなのですが、増えすぎてはいけません。体重の増えすぎは妊娠高血圧症候群や難産の原因になるのです。その他にもデメリットは多くあります。
お腹の中に赤ちゃんがいるからといって、2人分食べる必要はまったくありません。
母子手帳に「体重注意」と書かれないように、ここでしっかりお勉強してくださいね。


体重増加



一般に妊娠中の体重増加の目安は8〜10kgと言われていますね。これはなぜなのでしょう??
下の表を見てみてくださいね。

赤ちゃん
胎盤
羊水
子宮・おっぱい
血液・水分
皮下脂肪
約3kg
約0.5kg
約0.5kg
約1kg
約1〜2kg
約1〜2kg

これを参考にしてみると、妊娠中8〜9kgの体重増加は自然で、また必要な体重増加なのです。

でも・・・、この表を見ると『皮下脂肪』というものがあります。
これは妊娠・出産に必要とされるエネルギーとしての脂肪の蓄積なのですが、もともと皮下脂肪が多めについている人は増加の必要はありません。またもともと皮下脂肪が少ない人は1〜2kg以上の増加が必要な場合があります。
本当に自然な体重増加は『皮下脂肪』を除いた、約6〜7kgなのです。
8〜10kgはあくまで標準体型の人の目安になっているのです。

では、自分が標準体型にあるのか、肥満体型なのか、やせ体型なのか、知る必要がありますね。


体重増加の目安(身長・体重別〜肥満度から〜)



日本肥満学会が提言した肥満度を示す数値をBMI(Body Mass Index)と言います。これは妊婦さんにも適用できます。
ではまず妊娠前の体重から、肥満度を計算してみましょう。

BMI(Body Mass Index)
体重/身長(m2乗)

例えば・・・
Aさん
身長が160cm、体重が55kgの場合 
 55÷(1.6×1.6)=21.48…    
よってBMIは約21となります。
Bさん
身長が150cm、体重が65kgの場合 
 65÷(1.5×1.5)=28.88…    
よってBMIは約29となります。

分かりますか?簡単ですね。

日本産婦人科学会によると、妊娠前のBMIが20未満をやせ、20〜24未満を標準、24以上を肥満とします。
つまり上で計算したAさんは標準体型、Bさんは肥満体型なのです。

そして妊娠中の適切な体重増加はやせ体型で10〜12kg増、標準体型で8〜10kg、肥満体型で5〜7kgです。
つまり上で説明した皮下脂肪の分で適切な体重増加に差が出てくるわけです。

体重増加(妊娠初期・中期・後期)



BMIを計算し、妊娠中の適切な体重増加、体重増加の目標が分かったところで次は妊娠中の体重増加の目安を妊娠初期・中期・後期別に説明します。

妊娠初期:目標0〜1kg
妊娠初期は赤ちゃんの成長は微々たるものです。1ヶ月に数10g、せいぜい100g程の体重増加しかしていません。
妊娠初期に増加が著しいとそれはつまりすべてママの脂肪ということになります。
妊娠初期はつわりの時期と重なりますので、体重はそれほど増えません。減る人もいると思います。
つわりがあまりなく、妊娠初期でも食欲旺盛で体重が増えすぎてしまった人はこれから特に注意が必要です。

妊娠中期:目標3〜5kg
妊娠中期になると赤ちゃんの成長は著しくなります。1ヶ月に500g以上の体重が増加します。それに伴い、子宮も大きくなり、羊水も増えてきます。
つわりがおさまり、食欲が出てくる時期でもありますので、最も体重が増えやすい時期でもあります。
安定期に入っていますので、ウォーキング等の軽い運動や家事等で、1ヶ月に1kg程度の増加にとどめるようにしましょう。

妊娠後期:目標3〜5kg
妊娠中期に引き続き、ますます赤ちゃんは成長します。そしてますます子宮も大きくなってきます。
大きくなった子宮に胃が圧迫されて食欲は若干低下しますが、お産が近付いてくると赤ちゃんが下がってきますので、胃がすっきりしてまた食欲がわいてきます。
妊娠後期は最も妊娠高血圧症候群が起こりやすい時期でもあります。妊娠中期に引き続き、1ヶ月に1kg程度の増加にとどめるようにしましょう。
1週間で500g以上の増加は浮腫(むくみ)が原因かもしれません。浮腫は以前の妊娠中毒症の症状の一つでもあり、今でも妊娠高血圧症候群の危険因子とされています。



【体重コントロール:その1】では体重増加の目安について説明しました。
【体重コントロール:その2】では、体重の増えすぎはなぜいけないのか、体重コントロールの方法を具体的に説明していきます。



HOME



ブログパーツ


サイト内検索

妊娠中期MENU
マイナートラブルとは?
マイナートラブル
 :頻尿、尿もれなど

マイナートラブル:便秘
マイナートラブル
 :吐き気・嘔吐など

体重コントロール:その1
貧血:その1
腹帯とは?
胎動
赤ちゃんの性別
GBSって??
 (B群溶血性連鎖球菌)















当サイトではなるべく新しい情報を提供できるよう努力してはいますが、医療の世界は日進月歩です。ここに書かれている情報がすでに古くなってる可能性もあります。また施設や医師による方針の違いもあります。不明な点は必ずかかりつけの病院、主治医に確認してくださいね。