妊娠・出産・おっぱい・育児情報
 Happy Birth


助産婦メモルが妊娠・出産・おっぱい・育児の情報を発信。
ママ・パパ、プレママ・プレパパ、そして助産師、たまご助産師まで・・・。
【Happy Birth】(赤ちゃんの幸せな誕生)に関わるすべての人を応援するサイトです。
 
妊娠のために | 出産・育児準備 | 妊娠初期 | 妊娠中期 | 妊娠後期 | 出産・産後| おっぱい | 名付け | 赤ちゃん | 育児 | 助産師になりたい



妊娠・出産・おっぱい・育児情報〜Happy Birth〜妊娠中期>マイナートラブル:便秘

 マイナートラブル:便秘

妊娠すると、それまで便秘でなかった人も便秘がちになります。
もともと便秘がちは人は特に注意が必要です。
便秘が続くと、子宮が収縮しやすくなったり、痔になりやすかったりします。そして何より気分がすっきりしませんよね。


便秘とは毎日便がないことだけを言うのではありません。
排便の回数の少ないもの、便量の減少、固い便、排便困難、残便感、あるいはこれらの状態の組み合わせを「便秘」と呼んでいます。
なので、毎日便が出ていたとしてもきばらないと出ない、すっきりしない、というのは便秘と言えます。
すっきり気分で毎日を過ごせるよう、ここでは便秘についてお勉強しましょうね〜。


出現時期





女性はもともと便秘がちな人も多いので、便秘は妊娠全期間において、おこりやすいものと言えます。
中でも特に、妊娠初期、妊娠後期に便秘になる人が多いです。

原因



妊娠中の便秘の原因は大きく分けて3つです。

1.プロゲステロン(黄体ホルモン)が腸の働きを鈍くしている。
プロゲステロンは妊娠を順調に進めるために必要なホルモンなのですが、腸の働きを鈍くしてしまいます。
特に妊娠初期はプロゲステロンの働きが活発で、便秘がちになる人も多いです。
妊娠中期になると、プロゲステロンの分泌が少なくなり、初期に比べると便秘になる人は減ってきます。

2.運動不足により、腸の動きが鈍くなっている。
妊娠中はどうしても運動不足になりがちです。体を動かさないと腸の動きも鈍くなります。
特に安静入院、入院までは行かなくても自宅で安静を指示されている場合は、ほとんど体を動かせないので便秘になってしまうことが多いです。

3.大きくなった子宮が腸を圧迫して、腸の動きを妨げている。
妊娠後期に多い便秘の原因です。


その他には・・・、
・赤ちゃんが出てきちゃいそうで、恐くて力を入れられない。
・痔があって、痛くなりそうで便ができない。
なんて理由を言う妊婦さんもいらっしゃいます。
また、鉄剤を内服している場合は便秘になりがちです。


対策


●食物繊維をしっかりとる。
ごぼう、さつま芋、キャベツ、レタス、小松菜、豆類、果物、こんにゃく、寒天、海藻類等々に食物繊維は多く含まれています。
とは言え、食物繊維を意識した食事を考えるってのはなかなか難しいものです。要するにー、和食を中心とした食生活であれば、自然と食物繊維もとれますよ。

●適度な運動をする。
適度ってどのくらい・・・?、これまた難しいところですね。つまりは、自分がしんどくない程度に体を動かす、ということです。
安定期に入り、医師から特に安静の指示のない場合は1日1時間程度は歩きましょう。
マタニティスイミングやビクスはとても運動になりますが、これは医師の許可をもらってから始めましょうね。

●ちょっとした工夫いろいろ
・朝起きてすぐに水又は牛乳(100〜200ccくらい)を飲む。
一気に飲まなくてもいいですよ。

・朝食にヨーグルトを食べる。
カロリーのことを考えると、プレーンヨーグルトがおすすめです。

・手作りジュースを朝食に。
ヨーグルトや果物類、ほうれん草、ニンジン等の野菜にはちみつを加えミキサーでジュースにすると、簡単に食物繊維がとれ、また便秘対策にもいいですよ。
でも失敗するとキョーレツにまずいものができあがります。( ̄▽ ̄;)←メモルは経験あり。

・水分を意識して摂取する。
水分不足だと硬い便になります。いつもより500cc多めの水分摂取を意識してみましょう。

・決まった時間にトイレに行く。
規則正しい排便習慣をつけるのも大切です。でもトイレに行って出ない時は頑張り過ぎないようにっ!

・便意を我慢しない。
お出かけ先や仕事中の便意はついつい我慢しちゃいますよね。
お家のトイレでなければ、気兼ねしちゃったりするかもしれませんが、便秘対策では絶対に我慢しないこと!

・温水洗浄機能を利用する。
温水洗浄機能・・・、分かりやすく商品名で言うとウォシュレット。
温水の刺激で排便が促されることもあります。お家にある場合はぜひ利用しましょう。

・プルーンを食べる。
メモル自身がプルーンが好きなので、妊婦さん達にもいつも勧めちゃってます。(*^o^*) 貧血予防にもいいから一石二鳥。
乾燥させたものが一般的ですが、エキス状の他、ジュースやゼリー、キャンディ、グミ等の食べやすいものもありますよ。
エキス状ならジャムとしてパンにつけたり、カレー等の隠し味にもできるんですよ。

・青汁を飲む。
メモルはつわりの時期から、便秘に悩まされました。今まで快便だったのに・・・。
そんな時、とある妊婦さんが言ってたのです。「青汁を飲むようになってから便秘が治りました。」って。
青汁・・・、最初は抵抗がありましたが飲んでみたら・・・、あら意外と飲める。
メモルの便秘は青汁によって救われました。



市販されている妊娠中の便秘対策グッズ:例


ファンケル青汁

メモルはつわりが落ち着いた頃から出産まで毎日このファンケルの青汁をのみ続けました。
味は・・・、すごいおいしいとは言いがたいですが、便秘には効きました!


カリフォルニア産最高級大粒プルーン

賞味期限が長いのでありがたい♪

コントレックス

コントレックスを飲んで便秘が解消されたという話もちらほら聞きます。ちょっとクセがありますけど、慣れたらおいしく飲めますよ。

カスピ海ヨーグルト

毎日ヨーグルトを食べるなら種菌を買った方がお得かも。こちらはおいしいのでおすすめです。


注意


いくら便秘がつらくても、自分の判断で便秘薬、下剤、浣腸等を使うのは絶対にやめましょう。
薬や浣腸が赤ちゃんに影響を及ぼすことはまずありませんが、急激に腸を動かすと子宮が収縮してしまう場合があります。(切迫流早産)
市販のサプリメント(○○ファイバー等)は用法用量を守れば、使用しても構いませんが、できれば普段の食事で食物繊維をとれるようにしましょう。
食物繊維に限らず栄養素というのは、他の栄養素と一緒にとる方が吸収がいいんです。だからサプリメントより食事でとれる方がいいんですよ。

上記の便秘対策を試してみても、便秘の症状が続く場合には病院に相談しましょう。

治療


便秘症状が強いと治療も必要になります。便秘の治療はほとんどの場合、緩下剤の内服治療になります。

酸化マグネシウム(カマグ、カマ、マグミット)、ラキソベロンといった薬を処方されることが多いです。
他にも、プルゼニド、アローゼン等の緩下剤があります。

急激に腸を動かすと子宮収縮を誘発してしまう場合があるので、用法用量はきちんと守りましょう。
用法用量を守っていても下痢になってしまうようであれば、薬の調節が必要です。医師に相談しましょう。

浣腸は急激に腸を動かし、子宮が収縮しやすくなるので、基本的には妊婦さんにはしません。
でも、薬を飲んでも便が出ず、便がたまってお腹が張ってきてしまうような場合には使用することもあります。医師と相談の上、決めていきます。

 


当サイトで実施しているマイナートラブルについてのアンケートを実施しています。。よかったら、参考にしてみてください。
またマイナートラブル経験者はぜひ投票をお願いします。 【アンケート】




HOME



ブログパーツ


サイト内検索

妊娠中期MENU
マイナートラブルとは?
マイナートラブル
 :頻尿、尿もれなど

マイナートラブル:便秘
マイナートラブル
 :吐き気・嘔吐など

体重コントロール:その1
貧血:その1
腹帯とは?
胎動
赤ちゃんの性別
GBSって??
 (B群溶血性連鎖球菌)






ベネッセショッピングモール ピースマイル







かわいいマタニティウェアで妊娠生活を楽しみましょう♪


ベルメゾンネット


ウィメンズパーク-ベネッセ-ウィメンズパーク-ベネッセ-

当サイトではなるべく新しい情報を提供できるよう努力してはいますが、医療の世界は日進月歩です。ここに書かれている情報がすでに古くなってる可能性もあります。また施設や医師による方針の違いもあります。不明な点は必ずかかりつけの病院、主治医に確認してくださいね。