妊娠・出産・おっぱい・育児情報
 Happy Birth


助産婦メモルが妊娠・出産・おっぱい・育児の情報を発信。
ママ・パパ、プレママ・プレパパ、そして助産師、たまご助産師まで・・・。
【Happy Birth】(赤ちゃんの幸せな誕生)に関わるすべての人を応援するサイトです。
 
妊娠のために | 出産・育児準備 | 妊娠初期 | 妊娠中期 | 妊娠後期 | 出産・産後| おっぱい | 名付け | 赤ちゃん | 育児 | 助産師になりたい



妊娠・出産・おっぱい・育児情報〜Happy Birth〜妊娠中期>GBS(B群溶血性連鎖球菌)って??

 GBS(B群溶血性連鎖球菌)って??

GBSとは、Group B Streptococcus、B群溶血性連鎖球菌のことです。
なんだか難しそうですね…。でも知っておくのは大切なこと。ここではGBSについて説明します。


GBS(B群溶血性連鎖球菌)って??



GBSとは、Group B Streptococcus、B群溶血性連鎖球菌のことです。この菌自体は決して悪いものではなく、指や皮膚に普通についていたりします。膣に常在している場合も多く、妊婦さんの10%程度はこの菌を保有しています。でも通常は大した病原性を持たないため問題にはなりません。
ただ妊娠中にこの菌が膣内に認められると、お産の時、産道を通る際に赤ちゃんに感染して細菌性髄膜炎や敗血症、肺炎など起こすことがあります。後遺症を残したり、最悪の場合亡くなってしまうこともあるので適切な処置が必要です。
とは言え、GBSを保有しているママさんから生まれた赤ちゃんみんなにGBSが伝わってしまう訳ではありません。伝わってしまった場合も実際に感染症を発症する率は1%以下と言われています。
でもやはり後遺症や亡くなってしまう可能性もあるので、妊娠中にGBSの検査をする産院が多くなっています。

また最近ではGBSにより、妊娠中に赤ちゃんと羊水をを包んでいる膜に感染して(絨毛膜羊膜炎)、破水し早産につながる可能性があるとも考えられています。


検査の方法


妊娠中期〜後期におりものの培養検査をすることによって、GBSを保有しているかどうかが分かります。内診の時に綿棒でおりものを採取します。
結果が出るまでには1週間程かかりますので、だいたい妊娠後期…、34、5週で検査をすることが多いです。検査の時期が遅いと、結果が出る前に出産になるかもしれないからです。
GBSにより絨毛膜羊膜炎を起こし破水や切迫早産になる可能性もあると言われています。このため切迫早産になる可能性の指標としてもっと早い時期に検査する場合もあります。妊娠中期(28週くらい)に検査する形をとる産院もあるようです。


治療・処置


妊娠中にGBSを保有していることが分かっても、大人には影響することはほとんどないので特に治療はしません。
GBSを保有していると分かった時点から抗生剤を1、2週間内服や膣錠で治療する場合もあります。GBSはサワシリンやビクシリンなどペニシリン系やクロマイ膣錠等の抗生剤やがよく効くので、一旦は検査で陰性になることもあります。
でも再発する場合も多いので、赤ちゃんへの感染を予防するにはこれだけでは十分ではありません。

赤ちゃんへの感染を防ぐためには、お産のとき、陣痛が始まった時点もしくは破水が分かった時点にペニシリン系の抗生剤を点滴します。お産までに時間がかかる場合は何度か点滴をします。抗生剤により菌の感染力が最小限になっている時に赤ちゃんが産道を通ってきても感染する可能性はかなり低くなります。

赤ちゃんへの感染を予防するには、妊娠中からの内服治療よりもお産の時の点滴治療の方がより確実なので、こちらだけをする場合の方が多いです。
生まれてきた赤ちゃんは生後数日は感染症の前兆がないかを注意深く観察し、場合によっては皮膚やのど、鼻の培養細菌検査や採血などをします。

最近ではGBSにより妊娠中に赤ちゃんと羊水をを包んでいる膜に感染して(絨毛膜羊膜炎)、破水し早産につながる可能性があると言われていますが、GBSを保有していると分かっただけでは特に治療はしません。絨毛膜羊膜炎の原因となる菌もGBSだけではありません。
ですが、発熱、おりものが増える、出血がある、お腹が張るなどの症状があり、さらに検査をして絨毛膜羊膜炎の可能性がある場合には予防的に抗生剤の内服や点滴、クロマイ膣錠など膣剤、イソジンやミラクリッドによる膣洗浄が行われることもあります。

GBSを保有するママさんから生まれた赤ちゃんへの治療は産院によってさまざまです。体温や呼吸状態を注意深く経過観察するだけの場合が多いですが、生まれてすぐに皮膚や鼻の穴、咽頭などの細菌検査をしてGBSが認められた場合、症状がなくても予防的に弱い抗生剤から投与する産院もあります。
いずれにしても多呼吸や哺乳力の低下、発熱などの感染兆候が認められた場合は採血をして検査し、感染が疑われる場合には抗生剤を投与して治療します。


 


「GBSを保有しています。」と言われたらびっくりしてしまうママさんも多いと思いますが、ちゃんと予防すれば赤ちゃんに感染する可能性は極めて低いのでそれほど心配しなくても大丈夫です。絨毛膜羊膜炎の可能性も確かにあると言われていますが、きちんと妊婦検診に行き、診察を受けていれば事前に予防できます。それでも心配なことはどんどん先生や助産師に質問してくださいね☆

ちなみにメモルの出産した産院の場合、手元に残っている「膣分泌液培養検査」の結果用紙を見ると27週で検査をしたようです。(2005年の話…)
そしてメモルの勤めている産院は28週を過ぎたあたりで検査していた頃もありますが、今は34、5週で検査しています。全国的な産婦人科学会での方針を元に、医師によっての方針もあり、最も赤ちゃんとママさんの負担が少ないようにいろいろ変えているみたいです。
ちなみにメモルはGBSは保有しておらず陰性でした。





HOME



ブログパーツ




サイト内検索

妊娠中期MENU
マイナートラブルとは?
マイナートラブル
 :頻尿、尿もれなど

マイナートラブル:便秘
マイナートラブル
 :吐き気・嘔吐など

体重コントロール:その1
貧血:その1
腹帯とは?
胎動
赤ちゃんの性別
GBSって??
 (B群溶血性連鎖球菌)








当サイトではなるべく新しい情報を提供できるよう努力してはいますが、医療の世界は日進月歩です。ここに書かれている情報がすでに古くなってる可能性もあります。また施設や医師による方針の違いもあります。不明な点は必ずかかりつけの病院、主治医に確認してくださいね。