妊娠・出産・おっぱい・育児情報
 Happy Birth


助産婦メモルが妊娠・出産・おっぱい・育児の情報を発信。
ママ・パパ、プレママ・プレパパ、そして助産師、たまご助産師まで・・・。
【Happy Birth】(赤ちゃんの幸せな誕生)に関わるすべての人を応援するサイトです。
 
妊娠のために | 出産・育児準備 | 妊娠初期 | 妊娠中期 | 妊娠後期 | 出産・産後| おっぱい | 名付け | 赤ちゃん | 育児 | 助産師になりたい



妊娠・出産・おっぱい・育児情報〜Happy Birth〜出産・産後>鉗子分娩

 鉗子分娩

鉗子(かんし)分娩は分娩の途中で危険を回避するための緊急の手段です。
赤ちゃんの命を救うため、一刻も早く出してあげなければいけないときに行われます。


鉗子分娩とは?


鉗子分娩で使う鉗子という器具は金属製の2枚のへらを組み合わせたはさみのようなもので、これで赤ちゃんの頭を両側からはさんで引き出します。
今のように帝王切開の技術が発達していなかった頃の日本では緊急時に対応する分娩法としてこの鉗子分娩が盛んに行われていました。

ただ鉗子の取扱いや操作が難しいため、最近の日本では吸引分娩(【吸引分娩】参照)の方が多く用いられています。でも、鉗子での索引は確実で優れているため、外国では鉗子分娩の方が主流です。

鉗子分娩はこんなときに


●子宮口が全開大またはそれに近い状態であるのに、赤ちゃんが下降せず分娩が進行しない場合
●ママの疲労が強く、十分な努責がかけられない場合
●微弱陣痛
●赤ちゃんの回旋異常
●心音の低下など、胎児仮死におちいる可能性がある、またはおちいっている場合

吸引分娩と同様ですが、鉗子分娩の方が索引力が大きいため高い位置でも可能です。



鉗子分娩の条件


●赤ちゃんが頭位であること
●赤ちゃんが十分に下降してきている(赤ちゃんの頭が見えるくらいまで:発露〜排臨)
●子宮口が全開大またはそれに近い状態であること
●破膜(破水)していること
●明らかなCPD(児頭骨盤内不均衡)がないこと
●すぐに帝王切開に切り替えられる状況であること

鉗子分娩の方法




分娩がなかなか進行せず、鉗子分娩を行える条件を満たしている場合に行います。医師により、産道をより大きく広げ、鉗子を挿入するため、会陰切開を行います。そして鉗子で赤ちゃんの頭をはさみ、ママの努責と同時に引っ張ります。

現在では吸引分娩の普及により、鉗子を単独で使うことは少なくなってきています。吸引を使い、無効であるかさらに索引力が必要な場合に鉗子を併用することが多いです。
鉗子分娩にするか、吸引分娩にするかは、その時の赤ちゃんの状態により、医師が選択します。


鉗子分娩の影響


<ママ>
会陰裂傷、膣壁裂傷、頚管裂傷、尿道膀胱裂傷、出血などが起こることがあります。
金属の鉗子を勢いよく動かすことで、産道に傷がつくことがあるためです。

<赤ちゃん>
分娩損傷(頭皮、顔面の皮膚剥離、眼損傷、頭蓋骨骨折)、顔面神経麻痺、頭蓋内出血、頭血腫などが起こることがあります。またこれらに伴って、黄疸、嘔吐などの症状が出ることがあります。
固い金属の鉗子で頭をはさむことによって起こるものもありますが、分娩中の低酸素による仮死状態で生まれることに起因するところも大きいといわれています。




HOME




ブログパーツ


サイト内検索

出産・産後MENU
お産のはじまり
分娩の3大要素
出産をスムーズに進める方法
会陰切開
鉗子分娩
吸引分娩



ミキハウス



こどもちゃれんじbaby資料請求


当サイトではなるべく新しい情報を提供できるよう努力してはいますが、医療の世界は日進月歩です。ここに書かれている情報がすでに古くなってる可能性もあります。また施設や医師による方針の違いもあります。不明な点は必ずかかりつけの病院、主治医に確認してくださいね。