妊娠・出産・おっぱい・育児情報
 Happy Birth


助産婦メモルが妊娠・出産・おっぱい・育児の情報を発信。
ママ・パパ、プレママ・プレパパ、そして助産師、たまご助産師まで・・・。
【Happy Birth】(赤ちゃんの幸せな誕生)に関わるすべての人を応援するサイトです。
 
妊娠のために | 出産・育児準備 | 妊娠初期 | 妊娠中期 | 妊娠後期 | 出産・産後| おっぱい | 名付け | 赤ちゃん | 育児 | 助産師になりたい



妊娠・出産・おっぱい・育児情報〜Happy Birth〜出産・産後>会陰切開

 会陰切開

肛門と膣の間の皮膚、この部分を「会陰(えいん)」と言います。赤ちゃんが産道を通って下降し、膣の入口を越えようとしたとき、赤ちゃんの頭にグッと押し付けられる部分です。
会陰切開とは、赤ちゃんの頭の一部が出てきた時(発露:はつろ)に医師がはさみをつかって切ることをいいます。

「会陰切開ってあそこを切るんですよね?」「痛そう・・・。」「絶対いやです!!」なんて言葉、妊婦さん達からよく聞きます。
そりゃ切るんですもん、痛くないことはないです・・・。メモルも経験しましたよ・・・。
でも最初から「絶対いや!」なんて言わないで。必要だから切開するんです。必要なければしません。どんな時に会陰切開が必要なのか勉強しておきましょうね。


会陰切開はこんなときに



1.会陰裂傷の予防のため

会陰切開は多くは会陰が伸びきらず、裂けてしまう(会陰裂傷)と判断された場合に行われます。
経膣分娩の場合、医師や助産師は会陰が裂けないように会陰部にガーゼや手を当てて「会陰保護」を行っています。医師や助産師の技術はもちろん大切ですが、会陰部のかたさや伸び等ママの体質や、赤ちゃんの大きさや向きによって裂傷が起こることがあります。また勢いよく赤ちゃんが飛び出してきたときも会陰に強い力が加わりますから、裂傷を起こしやすいです。
特に初めての出産では、会陰が十分に伸びきらず、その頻度が高くなります。

会陰裂傷の程度は、傷口が表面だけのものから筋肉に及ぶものまで様々です。大きく分けて4つに分類されています。
1度会陰裂傷 会陰の皮膚、膣の粘膜など表面の組織に止まっている。
2度会陰裂傷 会陰の筋肉も損傷。肛門の筋肉は損傷されていない。
3度会陰裂傷 会陰の皮膚、膣の粘膜、会陰の筋肉だけでなく、肛門括約筋の一部または全体も損傷
4度会陰裂傷 肛門括約筋全体と肛門粘膜、直腸粘膜の損傷

1度2度の会陰裂傷なら産後の痛みもそれほどではなく、数日で落ち着きます。
でも3度4度の会陰裂傷となると痛みも強く、産後の育児にも支障が出てきます。もちろん痛み止めを処方してもらえると思いますが、それでもかなりつらいです。

4度の会陰裂傷ともなると問題は痛みだけではありません。最悪の場合、直腸と膣の間に道を作ったまま傷が治ってしまい、膣から便が出てくるという事態になります。(直腸膣瘻:ちょくちょうちつろう)こうなってしまうと、不潔な便に触れないように膣を治療するため、一時的にお腹に人工肛門をつける手術を受け、膣を治療、その後また人工肛門をはずす手術・・・、と治療にとても時間がかかってしまいます。

こんな事態にならないよう、大きな裂傷ができると予想される場合には会陰切開を行います。ちなみに会陰切開でできる傷はほとんどが2度会陰裂傷程度に相当します。

切開を入れずに、会陰が切れてしまった場合、傷が小さい場合はさほど大きな問題はありませんが、大きく切れた場合は前述の通り肛門まで達する大きな傷になることもありますし、縫合も大変です。
縫合がうまくいかないと、直腸膣瘻になったり、また膣や会陰の筋肉の修復が不十分で支持力が低下します。これは産後の夫婦生活に悪影響を与えかねませんし、将来閉経の頃、筋肉が弱ってさらに萎縮すると膣から子宮や膀胱が出てきてしまう、子宮脱(しきゅうだつ)、膀胱脱(ぼうこうだつ)になる可能性もあるといわれています。
そこであらかじめ安全な方向に人工的に切開をしておけば、傷跡もきれいで、縫合もスムーズにいきます。ハサミで切った傷はまっすぐで、縫いやすくまた治りやすい。と言う医師もいます。そんな理由から切開を入れることもあります。

<会陰裂傷が起こりやすい場合>
・膣の入口及び会陰の伸びが不良・・・初産婦(特に若年初産婦、高齢初産婦)
・赤ちゃんの頭が大きい・・・巨大児、胎位・胎勢の異常(逆子など)、回旋異常
・急速な分娩・・・過強陣痛、ママの努責が強い、鉗子分娩・吸引分娩

このような場合は特に会陰切開をすることが多いです。
でも赤ちゃんが元気で、お産にゆっくりと時間をかけられる状況であれば、会陰が十分に伸びるのを待ちます。

2.赤ちゃんのため

会陰切開はママのためばかりではありません。赤ちゃんも狭い産道を一生懸命頑張って通り抜けようとしています。陣痛やママの努責も赤ちゃんにとってはとてもしんどいことです。
あと一歩というところで赤ちゃんの心音の状態が悪くなって急いで出してあげなきゃならない状況のときがあります。そんな時は会陰切開をして産道を広げてあげます。

赤ちゃんの心音の状態が悪くなった時や、ママが疲れていきめなくなった時のお手伝いとして、鉗子分娩・吸引分娩が行われることもあります。鉗子や吸引カップを膣に入れるため、産道を広くする必要があります。また急速に赤ちゃんを引き出すので会陰裂傷も起こりやすくなるので、事前に会陰切開をすることが多いです。

また赤ちゃんの胎位・胎勢の異常、回旋異常は産道に余分なゆとりがない場合もあります。本来赤ちゃんは大きな頭の一番小さい部分が産道を通るように回りながら生まれてきます。でもうまく回旋できなかった時は、産道のゆとりもなくなってしまうため、会陰切開をして産道を広げてあげます。逆子の分娩では1番大きな頭が最後に出てくる形となり、時間をかけると赤ちゃんの危険性が高まりますので短時間で生まれてこられるよう会陰切開をします。

また早産など、未熟児の分娩では赤ちゃんの頭が産道に長く強く圧迫されると脳に損傷を及ぼす危険性があるため、多くの場合会陰切開を行います。

このような場合は、時間をかけて会陰が伸びるのを待っている余裕はありません。

メモルも出産の時、会陰切開をしました。
ほんとは「できるだけ会陰切開はしない」というのがバースプランでした。会陰は時間をかければ伸びるし、産後の痛みもつらそうだし、赤ちゃんもそんなに大きくないし、やっぱり切るということに抵抗がありました。だから赤ちゃんさえ元気なら切開はしたくない、と先生にも伝えてありました。
ところが実際に陣痛をあじわってみると痛いのなんのって。一刻も早くこの痛みから逃れたくて「切ってください!」って言っちゃいました。(^^;) 先生は「あれ?いいの?」って感じでしたが、その時はもうどうでもいいから早くしてくれ〜!って感じでしたね。
会陰切開をせず、時間をかけて会陰が伸びるのを待つということは、それだけ陣痛もあじわうということなんですよね。究極の選択・・・。(T▽T)

会陰切開をなるべく避けるために


以上のように、会陰切開は必要だから行っているんです。「絶対いや!」なんて言ってたら、赤ちゃんの命にかかわることもあります。
でも「いやなものはいや!」、その気持ちも分かります。ならばできるだけ会陰切開をしなくてもすむように妊娠中から会陰の伸びをよくしておきましょう。【会陰マッサージ】(準備中)で紹介してます。

会陰切開の方法と縫合




会陰の切開は膣から肛門に向けて垂直に切る正中切開(せいちゅうせっかい)と、膣の下端中央から右または左へ斜めに切る正中側切開(せいちゅうそくせっかい)、膣の下端2cm側方から斜めに切る側切開(そくせっかい)があり、いずれも2〜4cmほど切開します。

正中切開は痛みが少なく、傷も目立たずきれいに治りやすいのですが、切開の傷に続けて裂傷が起こると肛門に達しやすくなります。側切開だとその心配はありません。どの切開方法にするかは医師の判断によります。

赤ちゃんの頭のすぐそばを切開しますが、先の丸いはさみを使っているので、赤ちゃんの頭に傷がつく心配はありません。

切開の時は、キシロカインという麻酔薬を用いて局所麻酔をしますし、お産の痛みが激しいので切開そのものの痛みは感じない人が多いです。
産後の縫合の方が痛かったという方もいます。この時も麻酔がまだ効いていますし、必要なら追加していますが、それまで赤ちゃんを産むことに集中していたのに、赤ちゃんが生まれて陣痛がなくなり、意識が縫合に集中してしまうからでしょう。

縫合する糸は絹糸、カットグッドという動物の腸から作られた吸収糸、人工合成の吸収糸の3タイプがあります。絹糸は後日抜糸が必要ですが、吸収糸は約1週間〜1ヶ月で体の組織に吸収される溶ける糸です。最近では吸収糸を使うことが多くなっています。
吸収糸を使った場合でも、ひきつれによって痛みが続く場合は一部抜糸することもあります。

会陰切開後の痛み


会陰切開をした場合でも、分娩に問題なく回復も順調なら、その日のうちに立って歩き、身の回りのこともでき、トイレにも行けます。もちろん痛みがまったくないわけではありません。普通に歩けなかったり、おしっこがしみることもあります。でも悪露の始末や会陰部の消毒も自分で行えます。
切開の場所や程度により異なりますが、やはり一番痛いのはお産の当日、翌日です。お産後の疲れもありますから、眠れないくらい痛いようなら遠慮なく言いましょう。母乳に影響のない痛み止めの飲み薬か座薬を処方してもらえます。



2、3日経てば、だいぶ痛みもましになり、歩行もスムーズになります。傷自体は退院する頃には治っています。それでもやはり普通のイスに座ると痛みが生じます。どこの産院でも円座や産褥イスがありますので、それを使いましょう。

円座は上のようなドーナツ型のクッション、産褥イスは座る部分にドーナツ型に穴が開いているイスです。これらを使うことで会陰部に負担がかからずに座れます。
抜糸が必要な場合は産後4〜5日で糸を抜くまでは動くたびに痛みやひきつれる感じがあります。また溶ける糸の場合も痛みやひきつれが強い場合は一部または全部抜糸をします。

メモルの場合はお産の当日は麻酔が残っていたせいか、興奮していたせいいか、痛みはほとんど感じず、スムーズにトイレにも行けてました。
ところが翌日、育児も始めて動き回っていたせいか、痛みが激増! これくらい陣痛の痛みに比べたらなんてことないと我慢してたんですが、やっぱり痛い。歩くのも痛い、座るなんてとんでもない、ずっと立ってました。そして夜寝る前についに痛み止めの座薬をもらいました。薬が効いてその日はぐっすり。痛みのピークはその日だったようで、次の日からはだいぶましになっていました。これから育児を頑張らなきゃいけないんですから、薬に頼って休むことも必要ですよね。
でも普通のイスには座れませんでした。産院の円座を激しく愛用。家に帰ったらすぐに円座を買わなきゃなぁ〜、と思ってたんですが、産後5日目に抜糸をしたらうそのように痛みがなくなりました。溶ける糸で縫合してたんですが、一部抜糸してもらったんです。円座は買わずにすみました♪ (^▽^)

切開部の傷跡


会陰切開の傷は産後2〜3日で治っています。傷跡は1ヶ月くらいで目立たなくなりますが、ケロイド体質や傷の残りやすい体質の人の場合は、跡が残ることもあります。

退院時の診察や1ヶ月健診で傷の治りがいまひとつの場合は再度縫合することもあります。
傷が中途半端に開いたままでは痛みがなかなかおさまらないばかりか、産後の夫婦生活にも影響を与えますし、次のお産の時にその部分から会陰裂傷を起こしやすくなります。




HOME


ブログパーツ


サイト内検索

出産・産後MENU
お産のはじまり
分娩の3大要素
出産をスムーズに進める方法
会陰切開
鉗子分娩
吸引分娩





ベルメゾンネット



ミキハウス

こどもちゃれんじbaby資料請求

おすすめ口コミサイト ウィメンズパーク-ベネッセ-
絶対おすすめ!妊娠・出産・育児の情報が満載!地域情報や産婦人科や保育園・幼稚園の口コミ情報もあります。働く女性にもおすすめ☆


当サイトではなるべく新しい情報を提供できるよう努力してはいますが、医療の世界は日進月歩です。ここに書かれている情報がすでに古くなってる可能性もあります。また施設や医師による方針の違いもあります。不明な点は必ずかかりつけの病院、主治医に確認してくださいね。