妊娠・出産・おっぱい・育児情報
 Happy Birth


助産婦メモルが妊娠・出産・おっぱい・育児の情報を発信。
ママ・パパ、プレママ・プレパパ、そして助産師、たまご助産師まで・・・。
【Happy Birth】(赤ちゃんの幸せな誕生)に関わるすべての人を応援するサイトです。
 
妊娠のために | 出産・育児準備 | 妊娠初期 | 妊娠中期 | 妊娠後期 | 出産・産後| おっぱい | 名付け | 赤ちゃん | 育児 | 助産師になりたい



妊娠・出産・おっぱい・育児情報〜Happy Birth〜妊娠初期>つわり:その1

 つわり:その1

「うっ!」と口に手を当て、バタバタとトイレに駆け込む。一昔前のドラマではよくあった光景ですね。それがまさにつわりです。
妊婦さんの8割以上の人が「つわりに苦しんだ」と答えたというデータもあります。
苦しい思いをしているのはあなただけではないですよ。必ず楽になる時がきますから。無理しすぎず乗り切っていきましょうね。


つわりの原因



つわりの原因についてはいくつかの説がありますが、まだはっきりとは解明されていないのが現状です。
ここでは、その説のうちよく言われているものを紹介しておきます。

1.プロゲステロン(黄体ホルモン)やhCG(ヒト絨毛性ゴナドトロピン)が急激に増加するため。
これらのホルモンはいずれも受精卵や胎盤が発育していくのに適した環境を作る働きを持っています。
しかしこれらのホルモンの増加があまりにも急激なため、体が調整しきれず脳の中枢等を刺激して吐き気等の症状がでるのではという説。

2.胎児を異物と判断し排除するアレルギー反応のため。

3.精神的要因による自律神経失調症になるため。
ホルモン等の急激な体の変化で、自律神経が乱れることによって、一種の自律神経失調症のようになるという説。
つわりによるストレスで、さらに自律神経のバランスが乱れるとも言われています。


つわりの期間



妊娠4〜5週ではじまり、12週頃にはほとんどの人がましになって、安定期になる16週頃に終わると言われています。
つわり発現の時期は『6週3日±1週5日』頃、その持続期間が『8週±4週』くらいという説もあります。
メモルの経験上では7〜10週くらいがピークなのかな?という印象があります。

でも、実際のところはかなり個人差があり、まったくつわりのない人から出産まですっきりしないままの人もいます。


メモルに本格的につわり症状が出てきたのは、妊娠8週の頃でした。それまで妊娠に気付いてなかったんですよぉ。でもゲロゲロに吐きまくり、さすがにつわりだと気付きました。
でも考えてみれば、もう1ヶ月以上も胸のあたりのムカムカがあり、自転車に乗ってるとえずいたりしてました。軽いつわり症状は4週頃からあったみたいです。
メモルのつわりのピークは8週〜12週でしたね。毎日吐いてました…。ムカムカする感じは出産までずっとおさまることなくありました…。


つわりの症状


つわりの症状も個人差がかなりあります。
こんなのもつわりの症状なのね・・・ってものもあるかもしれません。
つわりは原因がよく分からないだけに、症状も特定のものにしぼられていません。
よって生活に支障が出たり、ママの体を壊すといったところまで重症にならない限り、これと言った治療法もないのが現状です。

・嘔吐・吐き気
つわりの症状として一番よく現れる症状です。
食べたものを少量吐くくらいならそれ程問題はありませんが、食べたものを全部吐いてしまうようであれば、栄養状態が悪くなります。
水分もとれないようになると脱水症も心配されます。吐く回数が多いと、それだけ体力も消耗してしまいます。

・においに敏感になる
妊娠によって自律神経のバランスが崩れるため、嗅覚が過敏になると言われています。
よく言われるのは、「ごはんの炊きたてのにおい」「揚げ物や油のにおい」等ですが、中には「男のにおい」がダメなんて人もいます。
においによって、吐き気が誘発され、嘔吐してしまう場合もあります。

・嗜好の変化
酸っぱいものを好む人もいれば、油っこいものを好む人までいろいろです。
不思議なことに妊娠前は別に好きでもなかった食べ物にはまってしまうことが多いようです。
食生活が偏っていると、赤ちゃんへの影響が心配になると思いますが、つわりの時期はあまり気にしなくてもいいです。
この時期の赤ちゃんはまだそれ程栄養を必要とはしていません。つわりが落ち着いてから栄養のことを考えていけばよいでしょう。

・何も食べられない
食べ物を見るだけでも吐き気をもよおし、全く食べ物を受け付けなくなる場合もあります。
水分もとれなくなるようなら、治療も必要になります。

・何か食べていないと落ち着かない
いわゆる「食べづわり」ってやつですね。
吐いたり、何も食べられなくなり、栄養状態が悪くなるよりはましなのかもしれません。
でも妊娠初期に体重が増えすぎてしまうと、その後の体重コントロールが大変です。
食べる内容にも注意し、あまりカロリーを取り過ぎないようにすることが大切です。

・胸やけ・ムカムカ
吐き気とはちょっと違うけど・・・?こんな風にはっきりしない症状もつわりの特徴。
胃の膨満感があったり、げっぷが出やすくなったという症状もあります。

・体がだるい
妊娠初期は微熱が続くものなので、そのせいもあり、体のだるさが出てくる場合があります。

・眠くなる
体のだるさにくわえ、眠気を感じることもあります。
少し眠くなる程度の人もいれば、寝ても寝ても眠いという人まで様々です。

・よだれが出る
「唾液過多症」とも言われます。
口が閉じられなくなる程の人もいます。

・その他
頭痛、腰痛、便秘、下痢、歯磨きができない、げっぷが出る、車で酔いやすくなった・・・、他にもさまざまな症状があります。

メモルはとにかく嘔吐に苦しみました。8週〜12週頃の1ヶ月、毎日吐いてました。もうトイレにへばりついて、涙と鼻水まで垂らして吐きまくりました。ほんとつらかったです…。何を食べても吐いちゃうけど、胃が空っぽになってえづくのもつらくて、とりあえず何か食べて吐いてました。食べては出す、食べては出す…、よく考えると不経済ですね。笑
嘔吐は落ちついても、ムカムカは出産まで続いてました。あとげっぷ。何かにつけてげっぷが出てました。でもげっぷを出すとすごい気分がすっきりするので、炭酸飲料を飲んでわざとげっぷを出したりもしてました。
あとは眠気もあったなぁ。仕事をしてる時はまだましだったけど、家に帰るとひたすら寝てました。
でも出産を終えると、驚く程すっきりと症状はなくなりましたよ。


当サイトで実施しているつわりの症状についてのアンケートの結果が出ています。よかったら、参考にしてみてください。
またつわり経験者はぜひ投票をお願いします。 【アンケート】


【つわり:その1】ではつわりの基礎的なところを説明しました。
【つわり:その2】では、つわりの対策、
【つわり:その3】では、「妊娠悪阻」と言われるつわりが重症化した場合の治療について説明していきます。





HOME



ブログパーツ


サイト内検索

妊娠初期MENU
妊娠検査薬って?
病院を選ぼう
初診へ行こう
葉酸の必要性
予定日を計算してみよう
母子手帳について
超音波(エコー)検査
妊娠カレンダーを作ろう
妊娠初期の出血
流産って??
妊娠中のタバコ
妊娠中のお酒
妊娠中のマニキュア
つわり:その1
つわり:その2
おっぱいセルフケア
  妊娠初期には…

妊娠初期便利グッズ


おすすめ食材宅配
妊娠したら食材には気を使いたいものです。でもつわりの時には買い物すらしんどいですよね。
自分やだんなさんだけならまだしも…、上の子がいると食事を作らない訳にはいかないし…。そんな時には宅配がありがたいですね。

レシピ付きで届く夕食宅配。メモルもよく利用しています。おいしいですよ。

ベネッセの食材宅配[ベネッセアンファミーユ]
こちらもレシピ付き。少し手間がかかるメニューもあります…。でもプレママメニューがあるのは嬉しい♪


生協。関東エリアの方。


こちらは生協パルシステム。
首都圏の方。



安心でおいしい
有機・低農薬野菜の宅配。



「お試し野菜セット」
送料無料980円から。


Oisix(おいしっくす)
有機野菜や無添加食品などの宅配。


たまには出来合いのものも…。



当サイトではなるべく新しい情報を提供できるよう努力してはいますが、医療の世界は日進月歩です。ここに書かれている情報がすでに古くなってる可能性もあります。また施設や医師による方針の違いもあります。不明な点は必ずかかりつけの病院、主治医に確認してくださいね。