妊娠・出産・おっぱい・育児情報
 Happy Birth


助産婦メモルが妊娠・出産・おっぱい・育児の情報を発信。
ママ・パパ、プレママ・プレパパ、そして助産師、たまご助産師まで・・・。
【Happy Birth】(赤ちゃんの幸せな誕生)に関わるすべての人を応援するサイトです。
 
妊娠のために | 出産・育児準備 | 妊娠初期 | 妊娠中期 | 妊娠後期 | 出産・産後| おっぱい | 名付け | 赤ちゃん | 育児 | 助産師になりたい



妊娠・出産・おっぱい・育児情報〜Happy Birth〜妊娠初期>妊娠中のタバコ

 妊娠中のタバコ

「妊娠中のタバコとお酒はダメ!」 どの本を見ても、誰に聞いてもそうなってますよね。じゃあなんでダメなのか、ご存じですか?

妊婦さんの中には、どうしてもやめられない方もいます。
「タバコやめなきゃ。」「お酒やめなきゃ。」とそればかり考えて、ママのストレスになり、赤ちゃんのことを忘れてしまうくらいなら、無理はしなくてもいいかもしれません。
でもなんでダメなのか、しっかり理解できればきっとやめられずはず。少なくともやめる努力をして、減らせるはず。

大事な赤ちゃんのため、できるだけ禁煙・禁酒を目指しましょう。
ここではまず、タバコについて説明します。


妊娠中のタバコの害



タバコに含まれるニコチンには血管収縮作用があり、血行が悪くなります。
そうすると、赤ちゃんに十分な酸素や栄養がいきません。またタバコは血液中の一酸化炭素を増やし、さらに酸素を減少させてしまいます。

実際にヘビースモーカーのママからは低出生体重児が生まれてる確率が高いというデータもあります。
また、流早産の危険性、胎児仮死の危険性も高くなるともいわれています。

と、ここまではどんな妊娠・出産系の本にも書いてあると思います。

ではなぜ低出生体重児がいけないのか? 「小さく生んで大きく育てればいいじゃん。」 そう思うかもしれません。
またなぜ流早産、胎児仮死になりやすいのかも、これだけの説明では分かりませんよね?

低出生体重児については、いずれ『低出生体重児』のページを作りますので、そちらを参考にしていただくとして、ここでは先に流早産、胎児仮死の危険性について説明します。

なぜ流早産になりやすいかというと、簡単に言えば居心地の悪い子宮から赤ちゃんは早く出ようとするからです。
考えてみたら、そうですよね。酸素や栄養が十分にもらえない、自分はもう大きくなれないと赤ちゃんは思うんです。
本当にそう思ってるかはもちろん分かりません。でも不思議な自然の摂理でしょうね。

そして、早く出たいと思いつつも出ることのできなかった赤ちゃんは居心地の悪い子宮の中でどんどん元気がなくなってしまいます。それが胎児仮死につながります。
胎児仮死と診断された場合、緊急帝王切開になる場合もあります。

妊娠に気付く前の喫煙を気にされる妊婦さんも多いですが、妊娠初期(妊娠に気付く前)のみの喫煙はあまり赤ちゃんの成長に影響しないというデータと、妊娠初期のみの喫煙でも低出生体重児となる割合が高くなるというデータがあります。
正確なところははっきりとはまだ分からないのが現状のようですが、少なくとも妊娠が分かった時点でタバコはやめることが望ましいでしょう。

またタバコによる赤ちゃんへの催奇形性もまだ明らかにはなっていません。奇形、と一言で言っても、小さな奇形から命に関わる大きな奇形までいろいろあるのです。
そんな可能性がある、と思っていていただいた方がいいかもしれません。

そして、産後も禁煙が必要になります。
タバコの成分は母乳にも移行するので、まずい母乳しかでなくなると言われています。まずい母乳なんて、赤ちゃんはあまり飲んでくれません。飲んでくれなければ、母乳の出は悪くなり、いずれ止まることになります。
母乳育児を希望されるママさんは必ず禁煙が必要となるでしょう。

またママの喫煙で乳幼児突然死症候群(SIDS)を引き起こす可能性も高くなると言われています。原因も分からぬまま、突然赤ちゃんが亡くなってしまうという事態が起こりうるのです。

妊娠中に限らず、いずれ禁煙しなくてはならないということを念頭においてください。


禁煙


『百害あって一利なし』 タバコはそう言われていますが、愛煙家にとっては必ずしもそうではないんですよね。
気分がすっきりして、ストレスの解消になることもあるみたいですね。

だけど、妊娠したらそうは言ってられません。赤ちゃんの成長を第一に考えてあげてください。

目標はあくまでも禁煙!
禁煙のチャンスは何と言っても、妊娠初期、嗜好の変わるつわりの時期。自然とタバコを受け付けなくなった、という妊婦さんも多いですよ。
思いきって、灰皿やライターを捨てましょう。



以前は「マタニティパイポ」という妊婦さん用の禁煙パイポが販売されてたんですが、今は製造中止になってるみたいです…。
その他の禁煙パイポが妊婦さんや授乳中のママさんが使用することは問題ないか、メーカーのマルマン株式会社さんに問い合わせてみたところ、「特に問題ないと思われます。禁煙パイポはパイプより吸い込んだ香りを楽しむ物です。食品と違い体内に入りませんので、問題ないと思われます。」との回答をいただきました。



禁煙グッズでは、電子タバコというものもありますね。こちらの商品は「『20歳以下の未成年者』『妊娠中の方』『母乳育児中の女性』はご使用をお控え下さいませ。」と説明があります。理由は、「教育上及び道徳上の観念から」だそうです。なるほどね…。

いずれの商品も妊婦さんや授乳中のママさんが使用しても、妊娠経過や赤ちゃんに大きな影響を与えることはなさそうです。もしもどうしても禁煙が難しい場合は試してみてはいかがでしょうか。
ただし、電子タバコの中にはニコチンやタールが微量ながら含まれているものもあるようなので、気をつけてくださいね。

減煙・・・


「赤ちゃんの成長に悪い、それは分かってるんだけど・・・。」
目標はもちろん禁煙ですので、あまりおすすめはしませんが…、それでもやめられない妊婦さんは減煙です。
1日40本吸っていたなら、まず20本を目標にしてみましょう。それが達成できたら、次は10本・・・というように徐々に減らしていきましょう。
具体的に何本以下ならよいか、という数字はありません。できる限り0に近付けることが大切です。
赤ちゃんは日々成長しています。できるだけ目標設定はせまく週単位くらいにしたいものです。


そのときパパは・・・


もちろんパパも禁煙・減煙してください。
ママがいくら禁煙しても、受動的にパパの吸ってるタバコの煙を吸っていたのでは意味がありません。
禁煙・減煙に努力してるママの横で、普通にタバコを吸うなんてことはもってのほか。
赤ちゃんのため、パパとママが協力して、禁煙・減煙に努めてください。
また周囲にタバコを吸う人がいれば、できるならパパから一声かけてあげてください。ママ本人は気を使って、なかなか言い出せないものです。





HOME



ブログパーツ

メンテフリー(マタニティ用品関連_通年掲載)

サイト内検索

妊娠初期MENU
妊娠検査薬って?
病院を選ぼう
初診へ行こう
葉酸の必要性
予定日を計算してみよう
母子手帳について
超音波(エコー)検査
妊娠カレンダーを作ろう
妊娠初期の出血
流産って??
妊娠中のタバコ
妊娠中のお酒
妊娠中のマニキュア
つわり:その1
つわり:その2
おっぱいセルフケア
  妊娠初期には…

妊娠初期便利グッズ






理想はやはり妊娠前から禁煙することですっ!!

禁煙用ハーブ タバクイット
禁煙用ハーブ タバクイット

BE SHOP
〜未来の赤ちゃんを抱くために〜




当サイトではなるべく新しい情報を提供できるよう努力してはいますが、医療の世界は日進月歩です。ここに書かれている情報がすでに古くなってる可能性もあります。また施設や医師による方針の違いもあります。不明な点は必ずかかりつけの病院、主治医に確認してくださいね。