妊娠・出産・おっぱい・育児情報
 Happy Birth


助産婦メモルが妊娠・出産・おっぱい・育児の情報を発信。
ママ・パパ、プレママ・プレパパ、そして助産師、たまご助産師まで・・・。
【Happy Birth】(赤ちゃんの幸せな誕生)に関わるすべての人を応援するサイトです。
 
妊娠のために | 出産・育児準備 | 妊娠初期 | 妊娠中期 | 妊娠後期 | 出産・産後| おっぱい | 名付け | 赤ちゃん | 育児 | 助産師になりたい



妊娠・出産・おっぱい・育児情報〜Happy Birth〜妊娠初期>妊娠中のお酒

 妊娠中のお酒

タバコと同じく、妊娠中のお酒も禁忌です。ここではお酒について説明します。


妊娠中のお酒の害



アルコールにとその代謝物であるアセトアルデヒドは胎盤を自由に通過します。
そうすると、母体血と胎児血は同じ濃度になってしまいます。

つまり、ママが酔っぱらっていれば赤ちゃんも酔っぱらっているのです。
と言うより、赤ちゃんの肝臓は未熟で、アルコールを代謝する能力を十分に持っていないので、ママよりもさらに酔っぱらった状態にあると言えるのです。

慢性的に飲酒をするママから生まれる赤ちゃんには、『胎児アルコール症候群』という診断名がつけられることがあります。

胎児アルコール症候群の赤ちゃんは、まず発育不良が認められることが多いです。つまり低出生体重児の割合が多くなります。これはタバコの場合と同じ理由です。居心地の悪い子宮の中で成長することをやめてしまうのです。
他には、中枢神経系の異常(知的な障害、行動障害、学習障害)や小頭症、特異的な顔つきといった所見があります。

大人もお酒を飲むと、神経が麻痺するというか、身体が思うように動かなくなったり、記憶がなくなったりしますよね。それと同じです。
ただ大人の場合は、アルコールが代謝されれば、そんな症状はおさまりますが、赤ちゃんには代謝する力がありません。
そのまま成長していくわけですから、神経系の障害が残ってしまうわけです。

ただ日本ではアルコール中毒やアルコール依存症の女性は比較的少ないので、胎児アルコール症候群の赤ちゃんが生まれることは少ないと言われています。
しかし一方で、胎児アルコール症候群の所見のある赤ちゃんのママさんの飲酒量が必ずしも大量ではないという報告もあります。
つまり、少量の飲酒でも毎日続けば胎児アルコール症候群の赤ちゃんが生まれる可能性もあるということです。
これを思えば、できるだけ禁酒した方がいいと言えます。
でもコップ1杯のビールなど、少量の飲酒なら大丈夫、という考え方が一般的なようです。

ところで、慢性的な飲酒、多量の飲酒という表現では、ピンとこないかもしれませんが、具体的には体重当たり1日2.2g/kg以上を常用していると、胎児アルコール症候群の赤ちゃんが生まれる可能性が非常に高いという報告があります。
1日2.2g/kg以上というのは、一般的な成人女性であればビールなら大瓶5本、日本酒なら5合程度に相当するようです。結構な量ですね…。

またタバコの場合と同じく、妊娠に気付く前の飲酒を気にされる妊婦さんも多いですが、よっぽどの量を毎日飲酒していない限りは問題ないと言われています。
あまり神経質になりすぎず、これからいい子宮の環境にしてあげることを考えてくださいね。


禁酒



たしなみ程度に飲酒するのは、おそらく問題ありません。
気分がすっきりして、ストレスの解消になることもありますよね。

でも、たしなみ程度で止まらない。一度飲みだしたら止まらない。なんて方はいっそ禁酒してください。

飲み会や宴会にもできるだけ参加しない方がいいかもしれませんね。
普段は妊婦さんを気づかってくれる人でも、お酒で気分がよくなってくると、どんどん進めてくるかもしれません。


メモルは妊娠発覚からいっさいお酒は飲まなくなりました。少量のお酒くらいは大丈夫とは分かってはいてもやっぱり心配でした。
万が一赤ちゃんに何かあったら・・・、たとえお酒のせいじゃないとしても、お酒を飲んだ自分を責めてしまうと思ったんです。だから飲まないようにしました。
と言うより、飲みたくても、周りが飲ませてくれなくなりましたね・・・。



最近はノンアルコールビールやワインも増えてきましたね。妊娠中、授乳中はこれでがまんしてください☆
メモルもゼロカクテルやオールフリーは飲んだことありますよぉ。思ってたよりおいしかったです。もちろん酔っぱらいません。


そのときパパは・・・


もちろんパパも禁酒を目指してください。
禁酒に努力してるママの横で、自分だけ思う存分飲むなんてことはやめてあげてくださいね。
もちろん飲み会で、ベロベロに酔って帰ってくるなんてことももってのほかですよ。





HOME



ブログパーツ


サイト内検索

妊娠初期MENU
妊娠検査薬って?
病院を選ぼう
初診へ行こう
葉酸の必要性
予定日を計算してみよう
母子手帳について
超音波(エコー)検査
妊娠カレンダーを作ろう
妊娠初期の出血
流産って??
妊娠中のタバコ
妊娠中のお酒
妊娠中のマニキュア
つわり:その1
つわり:その2
おっぱいセルフケア
  妊娠初期には…

妊娠初期便利グッズ



おすすめ口コミサイト ウィメンズパーク-ベネッセ-
絶対おすすめ!妊娠・出産・育児の情報が満載!地域情報や産婦人科や保育園・幼稚園の口コミ情報もあります。働く女性にもおすすめ☆


ママサークル、悩み相談室、育児ママアンケートでは、育児相談仲間がたくさんいて安心できます。

当サイトではなるべく新しい情報を提供できるよう努力してはいますが、医療の世界は日進月歩です。ここに書かれている情報がすでに古くなってる可能性もあります。また施設や医師による方針の違いもあります。不明な点は必ずかかりつけの病院、主治医に確認してくださいね。