妊娠・出産・おっぱい・育児情報
 Happy Birth


助産婦メモルが妊娠・出産・おっぱい・育児の情報を発信。
ママ・パパ、プレママ・プレパパ、そして助産師、たまご助産師まで・・・。
【Happy Birth】(赤ちゃんの幸せな誕生)に関わるすべての人を応援するサイトです。
 
妊娠のために | 出産・育児準備 | 妊娠初期 | 妊娠中期 | 妊娠後期 | 出産・産後| おっぱい | 名付け | 赤ちゃん | 育児 | 助産師になりたい



妊娠・出産・おっぱい・育児情報〜Happy Birth〜妊娠初期>病院を選ぼう

 病院を選ぼう

「妊娠かも・・・」と思ったら、まず病院を選ばなければいけません。
妊婦健診、入院、分娩と長いおつきあいになります。自分の希望に合った病院を選びましょう。


各施設の特徴



《総合病院・大学病院》

医療設備が整っていて、産婦人科以外にも小児科、外科、内科など併設されています。合併症をもつ妊婦さんや高齢初産婦さんなどは医療設備の整った病院の方が安心かもしれません。またNICUや麻酔科の先生が常駐していれば、緊急で帝王切開になる時なども安心です。

ひとつの科に数人の医師が所属していますので、毎回同じ先生に診てもらうことが難しい場合もあります。
多くは曜日制で、担当医制をとっていますので、健診は毎回同じ曜日にいくといいでしょう。
ただ受診する人が多いと、待ち時間が長く、診察時間が短くなってしまうこともあります。
また出産はいつ始まるか分からないので、健診時と分娩時は違う先生が担当することもあります。

特に大学病院は教育機関でもあるので、研修医、医学生、看護学生、助産学生などが診察や出産に立ち会うこともあります。

《産科専門医院》

ベッド数が20床以上。
産科的な異常が起こった場合も対応してもらえ、妊娠中から産後までのケアが行き届いているので安心してお産に臨めます。
母親学級や両親学級などの指導も工夫されています。

また、小児科が併設されているところもありますので、未熟児分娩や胎児仮死などの際にも、適切に対応してくれます。
ただ、重い合併症や分娩時に急変した時には対処が難しいこともあります。
でも大病院と連係をとっているところがほとんどなので、緊急時には移送できるシステムを持っています。

《個人医院》

ベッド数が20床以下。
院長が初診から産後までを責任を持って、診てくれます。
診察時間も大病院にくらべると、長い時間がとれます。

ただ、重い合併症や分娩時に急変した時には対処が難しい場合もありますが、大病院と連係をとっているところがほとんどなので、緊急時には移送できるシステムを持っています。

《助産院》

助産師の資格を持つ人が開業していて、入院・出産の設備があります。
助産院にも大小ありますが、受診する人の数が少ないので、診察に時間をかけてくれます。

院長が必ず女性なので、男性医師に話しにくい身体の悩みも相談しやすいというメリットもあります。
入院時には付きっきりで世話をしてもらえますし、家族の立ち会いができるところがほとんどで、家庭的な雰囲気の中で分娩ができます。
ただ、助産師は医師ではないので、何か異常のあった場合は、連係している嘱託医に処置を依頼し、移送となることもあります。




病院選びのポイント


希望する分娩を行っているかどうか

無痛分娩や家族の立ち会い分娩などはできない病院もあります。できるだけ自然な陣痛を待つ病院もあれば、積極的に誘発分娩をする病院もあります。
病院によって、それぞれ特色があるので先輩ママさんや近所の人に聞いたり、本や雑誌、インターネットで調べたりして、自分の希望する分娩方法を行っている病院を選びましょう。
そして、自分の意志ははっきりとお医者さんに伝えましょう。

ただ、妊娠の経過や合併症の有無、病院の施設上の問題などで希望がかなえられない場合もあります。そんな場合でも納得がいくまで、説明してもらいましょう。


自宅・職場・実家近くの病院を選ぼう

初診から出産、そして産後の1ヶ月健診まで、病院には何度も通わなくてはいけません。また何か異常があった場合でもすぐに受診できるよう、自宅・職場・実家に近く、交通の便がよい病院を選びましょう。
近所に希望通りの病院がない場合は多少遠くなるかもしれませんが、1時間以内で通える病院がよいでしょう。

車やバイク、自転車での移動は事故や転倒の可能性もあり、やっぱり危険です。特に妊娠後期になるとお腹が大きくなりハンドル操作も難しくなります。
健診時もできるだけ自分では運転せず、家族にお願いするか、電車やバス、タクシーといった交通機関を利用しましょう。

初産であれば、陣痛が来てから分娩まで意外に時間がかかるので、間に合わなくなるということもありませんが、経産婦さんで病院が遠い場合は要注意です。入院準備を前もってしておいて、電話の横には病院・家族・タクシー会社の電話番号などを必ずはっておきましょう。


母乳主義か人工栄養か

最近ではどこの病院でも母乳育児を推進していると思います。
それでも産後すぐには母乳は出ないものです。そんな時、すぐミルクにきりかえるか、砂糖水などと併用して少しずつ母乳の出を待つか、それは病院によってそれぞれです。

でも小さく生まれた赤ちゃんなどはなるべく早いうちから十分な栄養をあげなくてはいけないので、初日からミルクを与える場合もあります。またママの飲んでいる薬によっては、母乳があげられない場合もあります。
必ず希望がかなうわけではありませんが、その病院の方針を確認しておきましょう。


母児同室か異室か

生まれた時に何の問題もなければ、そのまま同室できる病院、念のため24時間は預かり、その後同室になる病院、昼間だけ同室で夜間は異室の病院・・・・、いろいろあります。
同室は3〜4時間おきの授乳、特に夜間の授乳は産後の疲れた身体にはかなりしんどいものですが、退院後もスムーズに対応できます。赤ちゃんにおっぱいをふくませてあげる機会も多いですから、母乳の出もよくなります。
反対に異室の長所はゆっくり休むことができて、産後の疲れも十分にとることができます。でも短所としては、退院後赤ちゃんの世話に慣れないことが多いといったことがあげられます。


個室か大部屋か

個室か大部屋か選べる場合は、個室の方がやや割高なのが一般的なようです。また個室の数が少なければ、希望しても入れないこともあり得ます。「この病院で出産しよう」と決めた時点か分娩予約をする際に『個室希望』と伝えておくとよいかもしれません。
病院によっては、個室のみ、大部屋のみという場合もあります。

個室の長所は周囲に気を使わずにゆっくりと休めることです。赤ちゃんとゆっくり時間を過ごせます。大部屋では他のママ友達と悩みを相談したりできます。経産婦さんがいれば育児経験なども教えてもらえるでしょう。「赤ちゃんが泣いたら、みんなに迷惑かも・・・。」と思ってしまいがちですが、そんなのお互い様です。あまり気にしなくていいと思いますよ。

家族の宿泊は可能か、また面会時間も確認しておきましょう。大部屋の場合、他の方の迷惑にもなりますのであまりに早い時間、遅い時間の面会は不可の場合も多いです。

出産時の入院だけなら1週間前後のことですが、もしも妊娠中のトラブルがあり入院となれば数ヶ月に及ぶこともあります。特に上の子がいる場合、面会や宿泊については重要になってきます。


健診・入院・分娩にかかる費用はどのくらいか

健診・入院・分娩にかかる費用は、病院によって全然違うものです。
健診費用は妊婦健康診査受診票の助成があっても高めのところもあれば、採血など特別な検査がなければまったく負担なしのところもあります。
分娩費用は正常分娩、無痛分娩、吸引分娩や帝王切開などによって全然変わってきます。入院費用は病院内の施設やサービス、個室を選ぶか大部屋を選ぶかによって変わってきます。

一般的には公立病院や助産院は安く、私立病院は高いと言われていますがやはり病院によって違います。先輩ママさんのお話を聞いたり、情報を集めてある程度の見積もりを立てておくとよいですよ。


小児科は併設されているか

生まれてくる赤ちゃんが未熟児であったり、何らかの病気をもって生まれてきた場合、NICUや未熟児センターなどがあると安心です。産後も赤ちゃんと同じ病院で過ごすことができます。そういった施設のない場合、赤ちゃんは別の病院に移送されてしまい、退院まで会えないということもあります。

また1ヶ月健診や何か心配事のあった時に同じ病院なら安心できます。新たに病院をさがす必要もありません。健診時に、入院中友達になったママさんに偶然会える、なんてこともあります。

いろいろなサービス


健診時にエコー写真はもらえるか?ビデオやDVDととってもらえるか?3Dや4Dエコーはあるか?
母親学級や両親学級の回数や内容、マタニティビクス、マタニティヨガなどはやっているか?
入院中の食事内容は?お茶はあるか?家族の分は用意してもらえるか?
入院中に何かサービスはあるか?最近はアロママッサージやエステとかがある病院もあります。産声録音や生まれてすぐの写真を撮ってくれるところもあります。
分娩時の写真やビデオ撮影は可能か?
入院中にもらえるものは?歯ブラシやスリッパなどのアメニティグッズ、お産後に使うパッド(大きなナプキン)や母乳パッドもなど用意してある病院もあります。
洗濯サービスはあるか?洗濯機や乾燥機はあるか?
退院時のお土産はあるか?ミルクや哺乳瓶、紙おむつ、ガーゼハンカチに肌着にレッグウォーマー…、たくさんたくさんくれる病院もあります。
退院後、育児や授乳の相談にのってもらえるか?
退院後には教室やサークルはあるか?離乳食教室、ベビーマッサージ教室、育児サークル…などなど。
病院によって様々なサービスが繰り広げられてます。それぞれ有料か無料かも確認しましょう。


ちなみに…、メモルは選んだのは個人病院です。自分の勤めている病院ではありません。だって恥ずかしいんだもん。(笑)
メモルの病院選びのポイントは母児同室であること、でもどうしても疲れた時は預かってもらえること、母乳育児を推進していること、そしてだんなにも早いうちから赤ちゃんに慣れてもらいたかったので、だんなも泊まれる個室があること、でした。
でも選んだ最大の理由は、院長先生と知り合いだからです。以前一緒に働いていて、開業されたんです。とても信頼できる先生です。
でも自宅からも職場からもちょっと遠かったので、健診通いはめんどくさかったです…。


妊娠や出産の経験はそれぞれ、先生と合う合わないもそれぞれですが、直接聞きにくいことも多いので口コミ情報もなかなか参考になりますよ。出産経験のあるママさんに産院情報を聞いてみるのもいいかもしれません。

ウィメンズパーク-ベネッセ-
産婦人科をはじめ、たくさんの病院の口コミ情報が満載。おすすめサイト。

当サイトで実施している病院選びについてのアンケートの結果が出ています。よかったら、参考にしてみてください。
また病院選び経験者はぜひ投票をお願いします。 【アンケート】





HOME


ブログパーツ


サイト内検索

妊娠初期MENU
妊娠検査薬って?
病院を選ぼう
初診へ行こう
葉酸の必要性
予定日を計算してみよう
母子手帳について
超音波(エコー)検査
妊娠カレンダーを作ろう
妊娠初期の出血
流産って??
妊娠中のタバコ
妊娠中のお酒
妊娠中のマニキュア
つわり:その1
つわり:その2
おっぱいセルフケア
  妊娠初期には…

妊娠初期便利グッズ
















妊娠前〜妊娠初期にかけて葉酸はとても大切です。ぜひ摂取してくださいね。

【葉酸の必要性】


ベルメゾンネット



当サイトではなるべく新しい情報を提供できるよう努力してはいますが、医療の世界は日進月歩です。ここに書かれている情報がすでに古くなってる可能性もあります。また施設や医師による方針の違いもあります。不明な点は必ずかかりつけの病院、主治医に確認してくださいね。