妊娠・出産・おっぱい・育児情報
 Happy Birth


助産婦メモルが妊娠・出産・おっぱい・育児の情報を発信。
ママ・パパ、プレママ・プレパパ、そして助産師、たまご助産師まで・・・。
【Happy Birth】(赤ちゃんの幸せな誕生)に関わるすべての人を応援するサイトです。
 
妊娠のために | 出産・育児準備 | 妊娠初期 | 妊娠中期 | 妊娠後期 | 出産・産後| おっぱい | 名付け | 赤ちゃん | 育児 | 助産師になりたい



妊娠・出産・おっぱい・育児情報〜Happy Birth〜おっぱい>母乳育児成功のための10か条

 母乳育児成功のための10か条

まず最初にユニセフとWHOが発表した「母乳育児を成功させるための10か条」を紹介します。
ユニセフとWHOは「母乳育児の保護、促進そして支援―産科施設の特別な役割」と題する共同声明を発表し、世界の全ての国の全ての産科施設に対して「母乳育児成功のための10か条」を守ることを呼びかけました。
母乳育児を推進するため、ママさんには、病院の協力が必要であること。
そして、ママさんが母乳育児を続けるためには、産科施設、家族、地域社会、そしてパパさんの協力が不可欠なのです。


母乳育児成功のための10か条


母乳育児成功のための10か条
1. 母乳育児の方針を全ての医療に関わっている人に、常に知らせること。
2. 全ての医療従事者に母乳育児をするために必要な知識と技術を教えること。
3. 全ての妊婦に母乳育児の良い点とその方法をよく知らせること。
4. 母親が分娩後30分以内に母乳を飲ませられるように援助をすること。
5. 母親に授乳の指導を充分にし、もし、赤ちゃんから離れることがあっても母乳の分泌を維持する方法を教えること。
6. 医学的な必要がないのに母乳以外の水分、糖水、人工乳を与えないこと。
7. 母子同室にすること。赤ちゃんと母親が1日中24時間、一緒にいられるようにすること。
8. 赤ちゃんが欲しがるときは、欲しがるままの授乳をすすめること。
9. 母乳を飲んでいる赤ちゃんにゴムの乳首やおしゃぶりを与えないこと。
10. 母乳育児のための支援グループを作って援助し、退院する母親に、このようなグループを紹介すること。





HOME




ブログパーツ


サイト内検索

おっぱいMENU
母乳育児成功のための10か条
おっぱいの仕組み
母乳のメリット
母乳のデメリット?
妊娠中のセルフケアの意義
妊娠初期には…
簡単エクササイズ
下着選び
乳頭チェック
授乳便利グッズ



当サイトではなるべく新しい情報を提供できるよう努力してはいますが、医療の世界は日進月歩です。ここに書かれている情報がすでに古くなってる可能性もあります。また施設や医師による方針の違いもあります。不明な点は必ずかかりつけの病院、主治医に確認してくださいね。