妊娠・出産・おっぱい・育児情報
 Happy Birth


助産婦メモルが妊娠・出産・おっぱい・育児の情報を発信。
ママ・パパ、プレママ・プレパパ、そして助産師、たまご助産師まで・・・。
【Happy Birth】(赤ちゃんの幸せな誕生)に関わるすべての人を応援するサイトです。
 
妊娠のために | 出産・育児準備 | 妊娠初期 | 妊娠中期 | 妊娠後期 | 出産・産後| おっぱい | 名付け | 赤ちゃん | 育児 | 助産師になりたい



妊娠・出産・おっぱい・育児情報〜Happy Birth〜妊娠後期>NST(ノンストレステスト)とは?

 NST(ノンストレステスト)とは?

NSTは「ノンストレステスト」の略です。
ストレスのない状態、つまり陣痛のない状態で赤ちゃんが元気がどうかを検査し、お産に耐えられるかどうかを調べる方法の1つです。
胎児の心拍を調べる検査なので「胎児心拍数モニタリング」とか「モニター」と言われることもあります。
妊娠後期にはほとんどの人が必ず受ける検査なので、具体的にどんな検査なのか知っておきましょう。


いつから?どうやって??



NSTは妊娠経過が順調な場合は妊娠34〜37週頃から行われますが、病院によって多少違います。
PIH(妊娠高血圧症)や糖尿病など母体にトラブルがある場合、IUGR(子宮内胎児発育遅延:赤ちゃんが小さい)が考えられる場合などは、もっと早い時期からNSTをします。

NSTは分娩監視装置という機械を使います。
お腹に2種類のセンサーをつけます。
1つは胎児心拍をとるセンサーです。赤ちゃんの心音が一番よく聞こえるところにつけます。(双子ちゃんの場合は2つ、三つ子ちゃんの場合は3つつけます。)
もう1つのお腹の張り(子宮収縮)をキャッチするセンサーです。
また手にボタンを持ち、胎動を感じたら押します。(心音と一緒に胎動をキャッチしてくれる機械もあります。その場合はボタンは不要です。)

妊娠後期にはお腹の中の赤ちゃんは20分おきぐらいに寝たり起きたりしています。寝ている時の心音と起きている時の心音を確認し、より正確にモニターするために検査には最低30〜40分ぐらいかかります。赤ちゃんの寝ている時間が長い場合はお腹をさすったり、音で刺激して赤ちゃんを起こします。赤ちゃんが元気だと判断できれば20分くらいで終わることもあります。
検査は仰向けに寝て行うか、背もたれを倒せるリクライニングチェアなどの場合が多いですが、お腹もずいぶん大きくなってきてますから、姿勢が苦しいようなら遠慮なく言ってください。頭をあげたり、横向きになってもらいます。
時には1時間近くかかる場合もありますから、のんびりリラックスして過ごしましょう。本や雑誌などを用意してくれている病院も多いですが、機械から聞こえてくる赤ちゃんの心音を聞いてるのも楽しいですよ♪

分娩監視装置からは胎児心拍と子宮収縮を記録したグラフが出てきます。病院によってはコンピューターに直接取り込むので記録紙の出ない場合もあります。助産師や医師がグラフを見ながら赤ちゃんが元気かどうか判定します。

NSTの判定


グラフには上下に2本の波線が出ます。上の波線は赤ちゃんの心拍(胎児心拍数)、下の波線はお腹の張り(子宮収縮)を示します。胎動は真ん中に矢印で記録されます。

まず上の波線、ギザギザが多いほど元気です。心拍数は120〜160回くらいが正常値です。また赤ちゃんが動いた時に心拍数があがり、グラフに山ができるのが元気印です。大人も走ったあと等はドキドキ心拍数が上がりますよね。赤ちゃんだって同じなんです。
反対に赤ちゃんが元気がなかったり、胎盤の機能が落ちてきている時は心拍数が下がります。グラフには谷ができます。下がり方によっては、再検査、入院、緊急帝王切開などになる場合があります。

下の波線はお腹の張りをキャッチすると山ができます。張りのない場合は一直線ですが、胎動や妊婦さんの体の動きををキャッチして乱れることはあります。
検査中に1回くらいならお腹が張っても、前駆陣痛と言って陣痛の準備なので異常なことではありません。予定日が近ければむしろ何度か張っていてもいいくらいです。出産への準備が整ってきているということですから。でもまだ早産の時期なのに張りが頻繁だったり痛みを伴うようであれば、切迫早産と診断され、薬を内服したり、時には入院になることもあります。

お腹が張ったあとに赤ちゃんの心拍数が下がると、赤ちゃんがお産に耐えられないかもしれないというサインです。陣痛はかなり強いお腹の張りです。弱い張りでも頻繁に心拍数が下がるようなら緊急帝王切開になる場合もあります。

実際のNST記録




ちょっと見にくいですが、このグラフはメモル自身のNSTです。確か34週の頃のものだと思います。
このグラフは青の太い縦線が1分間隔なので6分間の記録になります。

ではこのグラフで判定してみます。
まず上の波線、小さな山がいくつか出てますね。目盛りがよく見えないのですが、130回前後でギザギザと上下してます。そして胎動(下の赤丸)の時に、心拍数が上がり山になってます(上の赤丸)。心拍数の谷もありませんし、赤ちゃんは元気そうです。
そして下の波線、検査中お腹の張りの自覚はなかったですし、グラフにも大きな山はありません。切迫早産の徴候もなさそうです。たまにちょこちょこ小さな山ができているのは胎動やメモルの体動をキャッチしているからです。
はい、問題なし! という感じで判定します。
ちなみに検査後のグラフはカルテに貼ったりするのでもらえません。どうしても記念に欲しい場合は聞いてみてください。コピーをもらえるかもしれません。




HOME



ブログパーツ




サイト内検索

妊娠後期MENU
バースプラン
逆子(骨盤位)・横位
NST(ノンストレステスト)とは?
前置胎盤とは?







ベルメゾンネット


おすすめ口コミサイト ウィメンズパーク-ベネッセ-
絶対おすすめ!妊娠・出産・育児の情報が満載!地域情報や産婦人科や保育園・幼稚園の口コミ情報もあります。働く女性にもおすすめ☆


当サイトではなるべく新しい情報を提供できるよう努力してはいますが、医療の世界は日進月歩です。ここに書かれている情報がすでに古くなってる可能性もあります。また施設や医師による方針の違いもあります。不明な点は必ずかかりつけの病院、主治医に確認してくださいね。