妊娠・出産・おっぱい・育児情報
 Happy Birth


助産婦メモルが妊娠・出産・おっぱい・育児の情報を発信。
ママ・パパ、プレママ・プレパパ、そして助産師、たまご助産師まで・・・。
【Happy Birth】(赤ちゃんの幸せな誕生)に関わるすべての人を応援するサイトです。
 
妊娠のために | 出産・育児準備 | 妊娠初期 | 妊娠中期 | 妊娠後期 | 出産・産後| おっぱい | 名付け | 赤ちゃん | 育児 | 助産師になりたい



妊娠・出産・おっぱい・育児情報〜Happy Birth〜育児>ベビーマッサージ

 ベビーマッサージ

ベビーマッサージ、最近は雑誌などでもよく見かけますね。略して「ベビマ」なんて言ったりもします。
ベビーマッサージはその名の通り、赤ちゃんの頭から手足の先まで、全身をマッサージしてあげることです。
赤ちゃんを優しくマッサージすることで、発達を助け、発育を促し、夜泣き・風邪・便秘・ぐずりにも効果があるとされています。またママがしてあげることで、ママ自身も癒され、赤ちゃんとのコミュニケーションになります。もちろんパパが行ってもOK♪

ベビーマッサージは生後すぐから行える上に方法も簡単。早く始める方が効果が高いようですが、生後間もなくは育児に慣れるのでそれどころではなく、またある程度首がすわってないとママもドキドキですよね。生後2〜3ヶ月から始めるのがおすすめです。キッズマッサージと言って幼稚園児くらいからでも遅くはありません。


ベビーマッサージの具体的な効果


赤ちゃんへの効果 ママへの効果
精神的な作用
・ママとのスキンシップにより安心します
・気持ちがリラックスし、緊張がとけます
・興奮がおさまり、よく眠るようになります

運動発達に関する作用
・活発にスムーズに動けるようになります

生理的な作用
・筋肉をリラックスさせ緊張をほぐし、疲れをとります
・股関節や背骨、ほかの関節も柔軟になり、骨格がしっかりして、からだ全体のバランスが整っていきます
・毛細血管の循環を促し、新陳代謝を活発にします
・中枢神経に刺激を与え、脳の発達を促します
・胸郭を柔軟にし、呼吸を助けます
・リンパの流れを活発にします
・皮膚の免疫力を高めます
・消化・吸収の機能を高めます
・ストレスを減らします
精神的な作用
・赤ちゃんとのスキンシップで、ママ自身も精神的に安定しリラックスします
・不安から解放され、育児に自信が持てるようになります

運動発達に関する作用
・赤ちゃんが身体で発するサインを上手にキャッチし、赤ちゃんの運動発達をじっくり観察できます


ベビーマッサージのために準備するもの


・オイル
赤ちゃんの肌に直接触れるものですから、100%ピュアな植物性のオイルがおすすめです。植物性のオイルは皮膚の汚れをとり、肌への吸収もよく保湿効果があります。
植物性オイルは分子量が小さいため肌への浸透・吸収がいいのです。
一般のベビーオイルは鉱物性で分子量が大きいので肌には吸収しにくいです。部分的に使うには効果がありますが、全身に使うベビーマッサージには植物性オイルの方が適しています。
具体的には、スイートアーモンド、ホホバ、グレープシード、ひまわり、セサミ、アプリコットなどなど・・・。
エキストラバージンオリーブオイル等、質のいいものなら食用でも構いませんが、食用は酸化防止剤等が含まれていることがあるので注意しましょう。
また1歳未満の赤ちゃんは嗅覚が鋭いので、ローズとかラベンダーとか香りのあるもの…エッセンシャルオイルのブレンドされたものでは香りが強すぎる場合があります。注意してください。
いずれの場合もパッチテストをして、赤ちゃんの肌に問題ないかを確認してから使いましょう。

<植物性オイル>
植物によってオイルの抽出量が違うので、同じ容量でも値段が全然違います。販売元によっても違います。ベビーマッサージにはたっぷりオイルを使うので、より安いものを使いたいものです。
ですが、最近はマッサージやアロマの流行りもあって、たくさんのオイルが販売されています。
大人も使えるものには主成分は植物性オイルでも防腐剤やエッセンシャルオイルを配合させて香りよくさせてあるものが多いです。 「100%」「ピュア」「無添加」「ベースオイル」「キャリアオイル」などはだいたい大丈夫ですが、添加物が入っていないか確認しながら、お好みのものをさがしてくださいね。

ホホバオイル グレープシードオイル セサミオイル アプリコットオイル マカデミアナッツオイル

まずは少量のものを購入し、赤ちゃんの肌に合ってるか、香りは強すぎないか、で次に大きめのものを購入するといいと思います。ただ添加物の入っていないピュアな分、酸化しやすいので、開封後1ヶ月程度で使い切れるもの、100ml程度のものを選びましょう。

メモルが使っているオイルはこちらのスイートアーモンドオイル。安くてたっぷり使えるのでおすすめ。
自然化粧品研究所
↑いろんな植物性オイルが、いろんな容量で販売されてておすすめ。


<ベビーマッサージ用オイル>
ベビーマッサージの流行もあって、今では「ベビーマッサージ用」というオイルも多く販売されています。
これらは100%植物性オイルであるか、又は100%植物オイル同士を配合させたものがほとんどなので、問題なくベビーマッサージに使えると思います。
中には添加物やエッセンシャルオイルを配合されているものもありますが、最小限に希釈させて使われています。

ダイズ+マカダミアナッツ+ホホバオイル
+トコフェロール(天然ビタミンE)
スイートアーモンド+ホホバオイル
+ナチュラルビタミンEオイル
+ラベンダーオイル
セサミオイル マカダミアナッツ+ホホバ+オリーブオイル
+馬油

・ビニールシートやおねしょシーツ等防水シーツ
素っ裸になってる上に、マッサージでリラックスした赤ちゃんはおしっこやうんちをしちゃうこともあります。床を汚さないために敷いておきましょう。もしもの時にはとっさにおまたに当てられるよう、手近なところに紙おむつか布おむつ、タオルを置いておくとさらに安心です。

・バスタオル
防水シーツの上に敷きます。あまりに柔らかすぎるものは赤ちゃんをうつぶせにした時に呼吸を妨げる場合があるので注意しましょう。バスタオルの上に赤ちゃんを寝かせ、マッサージを行います。


ベビーマッサージを始める前に


まず環境を整えましょう。
赤ちゃんは素っ裸になります。特に冬場は室温に注意しましょう。23〜25度、ママが半袖でも寒くないくらいにします。
電気の真下や日光の入ってくる窓際ではまぶしい上に、せっかくママと向かい合っているのに逆光になってしまい、ママの顔が見えません。少し薄暗いくらいがちょうどいいです。
テレビは消して赤ちゃんとママだけの時間を作りましょう。静かな音楽を流すとさらにリラックスできていいです。
時間帯は赤ちゃんの機嫌のいいときならいつでも構いませんが、毎日決まった時間にしてあげた方が赤ちゃんの生活のリズムも整います。

赤ちゃんの肌を傷つけないよう、ママは爪を短く切っておきましょう。また指輪、腕時計、ブレスレット等もはずします。

初めてのオイルを使う場合は、赤ちゃんの肌に合うか、パッチテストを行います。赤ちゃんの腕や太ももの内側にオイルを1〜2cmの円を書くように塗り、20〜30分程度おいて発赤がないかを確認します。異常があれば違うオイルに変えます。異常がなければマッサージを行います。


ベビーマッサージの方法


準備中。少々お待ちください。


その他注意事項


・マッサージを始める時には赤ちゃんに声をかけてあげましょう。突然始めるとびっくりしてしまいます。
・マッサージ中には赤ちゃんにたくさん語りかけをしましょう。歌をうたってあげるのもいいです。
・オイルはケチらずたっぷり使いましょう。皮膚の摩擦がなくなり、赤ちゃんにママも気持ちいいです。
・マッサージ中に赤ちゃんが泣いたときは無理に続けず、中断しましょう。
・予防接種をしたときは接種後48時間程度はマッサージはせず、赤ちゃんのようすをしっかり見てあげましょう。
・風邪、伝染病のときもマッサージはせず、赤ちゃんのようすをしっかり見てあげましょう。ただ赤ちゃんの機嫌がいいようなら、足だけ、顔だけ等部分的に行ってもいいと思います。
・空腹のときはマッサージ中に機嫌が悪くなってしまうことがあります。また満腹すぎると吐いてしまうことがあるので、授乳(食事)後しばらくしてから行うようにしましょう。
・皮膚トラブル等があり、オイルを使うことに抵抗がある場合はオイルなしでも充分に効果があります。ただしオイルなしだと滑りが悪くなるので力を入れすぎないように注意しましょう。
・アトピー性皮膚炎のある場合は、主治医に相談した上で行いましょう。
・赤ちゃんの首がすわるまではうつぶせにした時にはしっかり呼吸ができているか確認してあげましょう。
・生後2〜3ヶ月から始め、マッサージに慣れていると落ち着いて行えますが、寝返りやはいはい、一人歩きができるようになるとなかなか落ち着いてマッサージができません。赤ちゃんの機嫌の悪いときはやめておきましょう。


メモルがベビマを始めたのは


メモルは産後退院したらすぐにでもベビマをはじめようと思っていました。でもあおくんが夏生まれのせいもあってか、肌が常にしっとりしてる感じ・・・。この上にさらにオイルをつけてもいいんだろうか?と思い、また初の育児、あおくんとの生活にも十分に慣れてなかったので、しばらく様子を見ることにしました。

生後2〜3週間、あおくんの顔や首にポツポツとにきびのようなものができてきました。ますますオイルをつけることに抵抗を感じ、ベビマはおあずけです。
沐浴時に顔も石けんで洗ってあげることで、ポツポツは次第になくなってきました。このポツポツは胎児期にママからもらったホルモンが皮脂分泌を活発にさせるために起こるものなので、ほとんどの赤ちゃんに出てくると思います。
ポツポツにきびもなくなり、あおくんとの生活ペースがつかめてきた頃、あおくんも少し昼と夜の区別がついてきたかな?という頃、ベビマを始めました。生後110日目のことでした。
それからは予防接種をしたとき以外は毎日やってます。メモルが風邪をひいてぶっ倒れたときはあおくんの服を脱がさず、足と顔だけマッサージ、なんていう日もありました。


メモルが感じるベビマの効果


たまたまかもしれないし、ベビマの効果かもしれない・・・、まだ微妙だけどメモルが感じる効果を書きますと・・・、

・皮膚トラブルなし
生後0〜1ヶ月の頃ポツポツが出た以来、皮膚トラブルは一切ありません。乳児湿疹や冬場はカサカサや肌になっちゃう赤ちゃんも多いですが、あおくんはほんとうらやましいくらいつるんつるんです。

・おむつかぶれがなくなった
生後0〜1ヶ月の頃はおむつかぶれがありました。紙おむつでも布おむつでもできてしまいました。生後間もなくは肌が弱く、うんち・おしっこ回数が多いせいもあるかも?でもベビマを始めてからは相変わらずうんち回数は多いですが、おむつかぶれにはなりません。オイルにはおむつかぶれを治す効果はないかもしれませんが、ベールができる分、おむつかぶれができにくくなるのかな、と思います。

・便秘しらず
あおくんは生まれてこのかた、うんちの出なかった日は1日もありません。完全母乳のせいかもしれませんが・・・。

・夜しっかり寝てくれる
かなり夜はしっかり寝てくれます。寝ぐずりもありません。夜中1、2回泣きますが、おっぱいをちょっと吸ってすぐに寝ます。そのかわり昼間は全然寝なくて家事が進まないんですが・・・。(^ ^;)

・風邪ひかない
あおくんは生まれてこのかた、風邪をひいていません。まだ免疫もあり、加えて母乳の免疫にも守られてるおかげもあると思いますが、母メモルが風邪をひいた時にもうつりませんでした。

・育児が楽しい!
メモルは育児ストレスがまったくありません。楽しくてしょうがないです。生後2〜3ヶ月の頃って、まだそんなにおもちゃにも興味がなさそうで、そんなにニコニコ笑ってくれるわけでもなく、どうやってあおくんと遊んであげたらいいのか、ちょっぴり悩みました。でもベビマにより、あおくんと楽しい時間を持つことができました。

・完全母乳実行中
母乳ってちょっとしたストレスで止まってしまうこともありますよね。ベビマのおかげもあり、育児が楽しくストレスなし。母乳もしっかり出てます。

これはあおくん6ヶ月現在、感じてることです。もうちょっと長い目で見たらさらに効果を確信するかもしれません。

最近では「ベビマするよー。」と言って服を脱がせ始めると、「ぐふふ〜。」とあおくんが笑うようになりました。お風呂の前に服を脱がす時には見られない反応です。あおくんもマッサージを楽しんでるんだと思います。
みんなに得られる効果かはわかりませんが、きっと何らかの変化を感じるはずです。何より楽しんでやることが一番だと思います。ママが気分が乗らないときはしなくてもいいと思いますし、顔だけ、足だけ等部分的にするのでもいいと思います。

本当に楽しいですよ。ぜひやってみてくださいね。





HOME


ブログパーツ


サイト内検索

育児MENU
ベビーマッサージ
こども保険(学資保険)
ストロー練習
離乳食を始める前の基礎知識
準備期とは?
準備期レシピ
アレルゲンを含む食品
離乳食のための食材チェック表
主食類
魚介類
肉類
卵・卵製品
乳製品
野菜類
海藻類
果物類
豆・大豆製品
加工食品
調味料
冷凍・レトルト食品
ドリンク類





こどもちゃれんじbaby資料請求



ベビーマッサージ
メモルの愛読書


ベビーマッサージ
ベビマ界では有名な
ピーター・ウォーカー著


親子でふれあうベビーマッサージ
赤ちゃんの写真が
かわいいのー。

はじめてのベビーマッサージ


アロマの基本も
載っています。








当サイトではなるべく新しい情報を提供できるよう努力してはいますが、医療の世界は日進月歩です。ここに書かれている情報がすでに古くなってる可能性もあります。また施設や医師による方針の違いもあります。不明な点は必ずかかりつけの病院、主治医に確認してくださいね。