妊娠・出産・おっぱい・育児情報
 Happy Birth


助産婦メモルが妊娠・出産・おっぱい・育児の情報を発信。
ママ・パパ、プレママ・プレパパ、そして助産師、たまご助産師まで・・・。
【Happy Birth】(赤ちゃんの幸せな誕生)に関わるすべての人を応援するサイトです。
 
妊娠のために | 出産・育児準備 | 妊娠初期 | 妊娠中期 | 妊娠後期 | 出産・産後| おっぱい | 名付け | 赤ちゃん | 育児 | 助産師になりたい



妊娠・出産・おっぱい・育児情報〜Happy Birth〜育児>こども保険(学資保険)

 こども保険(学資保険)

こども保険ってのは、子どもの教育資金作りを目的とした保険のことです。
月払いや半年払い又は年払いで、いざ教育に必要なときのためにお金を積み立てていくのです。でもそれじゃあ貯金と一緒??と思われるかもしれませんが、こども保険の大きな特長は契約者(大抵はパパ)に万が一のことがあったら、以後の保険料は免除されるという保障がついています。また子ども本人が万一の場合にも今まで払い込んだ保険金相当額が返ってきます。つまり生命保険も兼ねてるわけですね。ま、子どもの万が一なんて考えたくもないですけどね・・・。
そして、子どもの入学時など成長に合わせた支給されるお祝い金や満期保険金が支払われます。
さらに子どもの医療保障がついているものもあります。

こども保険のうち特に教育資金作りに重点をおいている貯蓄性の高い保険を「学資保険」と言います。



メモルがこども保険に入った訳


メモルは妊娠中からいろいろなこども保険の検討をしました。

まずこども保険に入ろうと思った理由、メモル自身は別に子どもに絶対大学を出てほしいとは思ってないです。でもやはり子どもが「大学に行きたい」と言うなら、たとえそれが私立の理系だろうと下宿が必要だろうと、行かせてやりたい。「お金がないからあきらめて。」とは言いたくないです・・・。
教育費は、幼稚園から大学まですべて公立だったとしても1000万以上かかりますが、その内訳は高校までに約500万、大学に約500万と言われています。高校卒業までは家計をやりくりしてなんとか捻出しても、大学入学時にドッカンっ!大出費です。しかもそれが私立で、しかも理系で、しかも下宿で・・・、となるとさらに出費はかさみます。専門学校なども意外とお金がかかってしまいます。
大学入学では特に入学金が高いです。またその後の授業料は奨学金制度を利用することも可能ですが、入学金はできません。大学に入学させるためにはとりあえず入学金だけは準備が必要です。だからこども保険の満期は18歳で設定するものが多いのです。

もしも大学には行かないことになったら?? その時はその時。結婚費用にするなり、成人式の振り袖を買うなり、住宅ローンの返済にあてるなり(≧ω≦)すればいいと思います。

なぜ妊娠中からはやばやと検討を始めたのか、それは産休でヒマだったから・・・、もありますが、子どもと契約者の年齢があがるとそれだけ保険料が高くなってしまい、返戻率も下がってしまうからです。どうせ入るなら早めの方がいいんです。だから子どもが生まれて、育児が少し落ち着いた頃には加入するつもりで検討していました。

先ほど、すべて公立に通わせるとして1000万以上かかると書きましたが、これはあくまでも教育費だけです。子どもが独立するまでには他にも食費、医療費、衣料費、娯楽費などに約1500万かかると言われています。
そんな中で教育費を貯金していくなんて難しいですよね。ついつい貯金に手をつけちゃいそうですね。でもこども保険に加入すれば、強制的にお金が引き落とされます。解約しない限りお金を引き出すこともできません。これも魅力のひとつかと思います。
でもパパ(又はママ)に万が一のことがあっても、生命保険等でその後の生活を保っていける、かつ教育資金もしっかり貯金できる、という場合はこども保険に入る必要はないかもしれません。「入っておけば安心」、それが保険です。


メモルが選んだこども保険


そして最終的に選んだのは、ソニー生命の学資保険です。 いろいろなパターンでシミュレーションもしました。
元本割れ(払い込み金より満期支払金が少ない)するこども保険の多い中、ソニー生命の学資保険は返戻率は約108%で元本割れしません。子どもの入院や通院の医療保障はありませんが、この保障がある保険はさらに割高。乳幼児医療費助成制度が使える間はそれほど医療費がかさむこともないと思うので、いらないと判断しました。もしも必要を感じたら、県民共済の「こども保険」に入ろうかと思ってます。掛け金1000円で安い上に割戻金もあるので、実質は月700円くらいの支払いになるらしいので。

ソニー生命の学資保険は年払いで約18年間、返戻率113%で契約しました。
でも、ここでメモル家は落とし穴にはまってしまいましたー。8月にあおくんが生まれ、11月に契約申し込み。すると契約完了が12月27日になり、振替日も12月27日になりました・・・。年末の何かと物入りの時期に15万ほど引き落とされるのです。これから18年間も・・・。il||li _| ̄|● il||liガ〜ン。ま、しょうがないですけどね・・・。


メモルが検討したこども保険


メモルが検討したこども保険はこんな感じ。だいたいどこの保険会社にもこども向け商品があるように思います。貯蓄性を重視した保険と保障性を重視した保険とあるので、しっかり検討してくださいね。新商品も出たりしますし、他にもあると思うので、調べてみてくださいね。シミュレーションができるサイトもあるので、ぜひやってみましょう。

こども保険いろいろ
ソニー生命
学資保険
アリコジャパン
こども保険
・君といつまでも
フコク生命
学資保険みらいのつばさ
アフラック
夢みる
こどもの学資保険
かんぽ生命
学資保険
三井生命
スター誕生
太陽生命
わくわくポッケ
日本生命
げ・ん・き
こちらのサイトから「子供のための保険」6種類の資料が一括で請求できます。
アリコ、太陽生命、フコク生命、アフラック、損保ジャパンひまわり生命、三井住友海上きらめき生命

トップページ>学資保険・子供保険
こちらのサイトから「子供のための保険」2種類の資料が一括で請求できます。
全労済、三井住友海上きらめき生命

トップページ>保険商品の特徴>こども向け
こちらのサイトから「子供のための保険」2種類の資料が一括で請求できます。
アフラック、三井住友海上きらめき生命

トップページ>学資保険
こちらのサイトから「子供のための保険」3種類の資料が一括で請求できます。
アフラック、東京海上日動あんしん生命、アメリカンホーム保険会社

トップページ>子供保険


こういったサイトで資料請求をすると、しつこく勧誘されるんじゃないかと心配になりますが、だいたい一度は電話がかかってきますね。「資料は届いてますか?」「何かご不明な点などございませんでしょうか?」みたいな感じで勧誘ではないです。で、「今、検討中です。また質問があったら連絡します。」と返答すればそれっきりでした☆

 


当サイトで実施しているこども保険についてのアンケートの結果が出ています。よかったら、参考にしてみてください。
ぜひ投票もお願いします。 【アンケート】





HOME

ブログパーツ


サイト内検索

育児MENU
ベビーマッサージ
こども保険(学資保険)
ストロー練習
離乳食を始める前の基礎知識
準備期とは?
準備期レシピ
アレルゲンを含む食品
離乳食のための食材チェック表
主食類
魚介類
肉類
卵・卵製品
乳製品
野菜類
海藻類
果物類
豆・大豆製品
加工食品
調味料
冷凍・レトルト食品
ドリンク類





こどもちゃれんじbaby資料請求




当サイトではなるべく新しい情報を提供できるよう努力してはいますが、医療の世界は日進月歩です。ここに書かれている情報がすでに古くなってる可能性もあります。また施設や医師による方針の違いもあります。不明な点は必ずかかりつけの病院、主治医に確認してくださいね。