妊娠・出産・おっぱい・育児情報
 Happy Birth


助産婦メモルが妊娠・出産・おっぱい・育児の情報を発信。
ママ・パパ、プレママ・プレパパ、そして助産師、たまご助産師まで・・・。
【Happy Birth】(赤ちゃんの幸せな誕生)に関わるすべての人を応援するサイトです。
 
妊娠のために | 出産・育児準備 | 妊娠初期 | 妊娠中期 | 妊娠後期 | 出産・産後| おっぱい | 名付け | 赤ちゃん | 育児 | 助産師になりたい



妊娠・出産・おっぱい・育児情報〜Happy Birth〜赤ちゃん>未熟児

 未熟児

『未熟児』、この言葉を聞けば誰でもどんな赤ちゃんか想像できるでしょう。
とても小さく生まれた赤ちゃん、早産で生まれた赤ちゃん、保育器に入って治療を受ける赤ちゃん・・・、そんな赤ちゃんを想像することでしょう。
でも知ってました? 医学界では今、『未熟児』という診断名はないのです。
小さく生まれたからと言って身体の機能が未熟だとは限らず、反対に大きく生まれているのに身体の機能が未熟な場合もあるからです。
小さく生まれた赤ちゃんは『低出生体重児』、早産で生まれた赤ちゃんは『早産児』という診断名になります。
つまり生まれた時の体重と、ママのお腹の中にいた期間(在胎週数)によって分けられます。
『未熟児』とは??『低出生体重児』とは?『早産児』とは? それぞれについて説明します。


未熟児


未熟児とは身体の機能が未熟なまま生まれてきた赤ちゃんのことを言います。
以前は2500g以下の赤ちゃんすべてを未熟児と呼んでいました。
ところが、2500g以下でも身体の機能が未熟だとが限らず、2500g以上であっても身体の機能が未熟な場合があったり・・・。
体重だけでは赤ちゃんの未熟性は計りしれないということになったのです。

例えば・・・、
予定日近くまでママのお腹の中にいたのに発育不全であったり、先天的に小柄な赤ちゃんはたとえ2500g以下であっても、生まれてきても呼吸もしっかりできて、哺乳もしっかりできて、何の問題もない場合も多いのです。

お腹の中で発育不全になってしまう理由については、いろいろ考えられますが、パパとママが小柄な場合には赤ちゃんももちろん小柄ですし、その他ママの妊娠中毒症や喫煙等によって発育不全になってしまうこともあります。原因不明の場合もあります。

そしてその反対の場合は、例えば・・・、ママが糖尿病を合併しているとお腹の中の赤ちゃんは大きく育ちます。予定日までお腹の中にいれば、4000gを超えることもあります。
なぜ赤ちゃんが大きくなるかは、ママの血糖値が高くなることによってお腹の赤ちゃんにも糖分がたくさん供給されるためと言われています。

そんな大きな赤ちゃんは予定日より1ヶ月以上早く生まれても2500g以上ある場合が多いです。
ところが体重は十分にあるのに、呼吸状態が安定しない、黄疸がでやすい、という身体に未熟児性があるのです。

これらのことから、赤ちゃんの身体の未熟児性は体重だけでなく、ママのお腹の中にいた期間(在胎週数)が重要に影響しているということが分かったのです。
そこで生まれた赤ちゃんの分類は体重と在胎週数で分ける、ということが国際的に決まりました。

結局『未熟児』という言葉に定義付けはされていませんが、
小さく生まれた赤ちゃん、早産で生まれた赤ちゃん、といったところが一般的な考えになっているようです。
ところが医学界では『未熟児』という診断名はないにも関わらず、未熟な赤ちゃん特有の病気、例えば『未熟児網膜症』『未熟児くる病』なんかは未だに『未熟児』という言葉が使われています。
病院等でも、未熟な赤ちゃんを治療する場所を『未熟児センター』と呼び、未熟な赤ちゃんに対する医療を『未熟児医療』と呼ぶことも多いです。

『未熟児関連サイト』を銘打っているサイトさんも多いですね。ママさんたちにとっても、やはりこの言葉の方が一般的なんでしょう。
メモルも『未熟児ちゃん』という呼び方、意外と好きだったりもします。
だからたとえ医学界ではあまり使わない言葉であっても、メモルはバンバン使います。(*^o^*)

低出生体重児


生まれた時の体重が2500g未満の赤ちゃんを低出生体重児と言います。
2500gの赤ちゃんは含まれません。正確には2499gまでの赤ちゃんを低出生体重児と言うのです。
生まれた赤ちゃんの分類は体重と在胎週数で分ける、ということが国際的に決まったときに、2500g以下から2500g未満へと変わったのです。
この1gで何が違うんだ?と言われると、メモルもよく分かりませんが・・・。

低出生体重児はさらに体重によって以下のように、細かく分けられます。

低出生体重児
2500g未満(1500g〜2499g)
極小低出生体重児
1500g未満(1000g〜1499g)
超低出生体重児
1000g未満(〜999g)

近年、全国的な出生率は低下しているにも関わらず、低出生体重児の出生率は増加傾向にあります。
これには、女性の喫煙率の増加等で発育不全が増えていることも理由にあげられますが、超音波診察等、妊娠中の診察も進歩しているため、発育不全の赤ちゃんはママのお腹の中にいることが赤ちゃんにとってしんどいだろう、外に出してあげた方が大きく育てるだろうとの診断のもとで、予定日より早く出産しているケースも多いことが理由にあげられます。

ここ十数年で未熟児医療は大きく進歩しました。
低出生体重児の生存率は著しく向上しています。日本でも300g台の赤ちゃんの救命に成功しています。

2000g以上の体重があれば、ほぼ後遺症なく成長することができると言われています。
しかし、1500g未満の極小低出生体重児、1000g未満の超低出生体重児は保育器での体温管理、人工呼吸器を用いた呼吸管理、点滴や管からの栄養管理等、特別な治療を必要とします。

それでも後遺症なく成長することができる率は著しく上昇しています。
しかし小さな赤ちゃん程、治療中の合併症も多く、後遺症を残す割合は増えてしまっているのは事実です。

1000g未満の赤ちゃん・・・、かつては治療さえされず見守るしかなかった生命です。
それが今では救命だけではなく、後遺症なく成長できるところまで未熟児医療は進歩しました。

これからも未熟児医療の目標は救命だけではなく、後遺症のない生存(intact survival:インタクト・サバイバル)なのです。

早産児


赤ちゃんの身体の未熟児性は体重だけでなく、ママのお腹の中にいた期間(在胎週数)が重要に影響しています。
在胎週数による出産は以下のように分けられます。

流産
22週未満(〜21週6日)
早産
22週〜37週未満(22週0日〜36週6日)
正期産
37週〜42週未満(37週0日〜41週6日)
過期産
42週〜(42週0日〜)


22週未満の出産は流産と呼ばれ、赤ちゃんの身体の機能が未熟すぎて、救命は不可能とされています。
以前は流産は24週未満を言いました。ところが24週で生まれた赤ちゃんでも救命が可能なことが分かったのです。
24週で生まれた赤ちゃんでも、小さく、か弱いながらも生まれた時泣き声をあげることがあるのです。
そんな理由から流産は22週未満を言うようになりました。

しかし、どんなに未熟児医療が進歩したと言っても、22週〜25週くらいまではボーダーラインです。
これは病院のNICUや未熟児センターの設備にもよりますが、22週〜25週くらいで生まれた赤ちゃんは救命できるかどうか・・・、救命できても後遺症なく成長するのは難しいと言われています。
でも22週で生まれ、元気に成長している子も実際のところ、いるのです。

赤ちゃんを救命する上で最も重要と言われているもののひとつが、呼吸です。
赤ちゃんの肺の機能は32週くらいで、子宮外に出ても自力で呼吸できるようになります。
28週を超えると、呼吸は人工呼吸器での管理が必要ですが、生存率は大幅に増加し、後遺症がなく成長できる割合も増加します。
32週を超えると、自力で呼吸できる赤ちゃんが多いですが、その力が弱いので普段メモルたちが吸っている空気より少し高い濃度の酸素を送ってあげます。
34週を超えると、自力で呼吸し、普段メモルたちが吸っている空気と同じでも体中に十分な酸素を取り入れることができるようになるのです。

でもあくまでもこれは呼吸面だけを取り上げた1例にすぎません。
例外もありますが、在胎週数が長い程、生まれてきた時の治療も少なくてすむことが多いのです。

37週を超えれば、正期産と言い、早ければ予定日より3週間早く生まれることになってしまいますが、身体の機能はほぼ成熟しているので問題ないとされています。
実際のところは36週でも特に治療が必要でない場合も多いです。

早産で生まれた赤ちゃんは成長を修正週数で表すことが多いです。お腹の中にいたならば、今何週に相当するのか、を表すものです。
例えば30週0日で生まれた赤ちゃんは生後1週間が修正週数31週0日です。
・・・そして生後7週間、生後2ヶ月弱ですね。ここで修正週数37週になります。ここでやっと正期産の赤ちゃんに追いつくのです。
早産で生まれた赤ちゃんのNICUや未熟児センターを退院できる目安は予定日(修正週数40週0日)くらいと言われています。
もちろん入院中の経過によって、予定日より早くなったり遅くなったり、ということはあります。とりあえずの目標です。

同じ月齢の赤ちゃんと比べてみると、赤ちゃんの大きさや発育に遅れを感じることもあるかもしれません。
そんな時は修正月齢で考えてみましょう。もしかしたら、それでも遅れているように感じるかもしれません。
でもどの赤ちゃんにだってひとりひとり個性があるのです。
赤ちゃんはゆっくりであっても確実に成長しています。ゆったりとした気持ちで、長い目で見守ってあげてくださいね。

NICUや未熟児センターに入院していた赤ちゃんは、退院した日が生まれた日と考えるくらいでもいいんですよ。(⌒▽⌒)




以上のように『未熟児』にははっきりとした定義はありませんが、赤ちゃんの身体の未熟児性は体重だけでなく、ママのお腹の中にいた期間(在胎週数)が重要に影響しているということが分かっていただけたでしょうか?

だけど・・・、様々な理由やむを得ず、早産になり小さな赤ちゃんを出産されるママもいます。

大切な赤ちゃんを早く生んでしまったこと、小さく生んでしまったこと。
罪悪感や不安や心配事がいっぱいで、なかなか心を休める時はないかもしれません。
だけど、どうか自分を責めないでくださいね。赤ちゃんは少しでも早くママに会いたかったせっかちさんなんです。

大切な赤ちゃんには悲しい顔ばかりじゃなく、いっぱいいっぱい笑顔を見せてあげてください。
だけど、悲しい時には思いっきり泣きましょう。泣けるだけ泣きましょう。そしてそのあとには、また笑顔を見せてください。

頑張ってる赤ちゃん、そして頑張ってるママ、そしてパパ・・・。メモルたちはいつも全力で応援していますよ。




HOME


ブログパーツ

こどもちゃれんじbaby資料請求

サイト内検索

赤ちゃんMENU
出生直後の計測と処置
未熟児
アプガースコア
カンガルーケア
出生届
メモリアルグッズ





ベルメゾンネット









ベネッセの食材宅配[ベネッセアンファミーユ]

セシール - マタニティ&ベビー


おすすめ口コミサイト ウィメンズパーク-ベネッセ-
絶対おすすめ!妊娠・出産・育児の情報が満載!地域情報や産婦人科や保育園・幼稚園の口コミ情報もあります。働く女性にもおすすめ☆


ママサークル、悩み相談室、育児ママアンケートでは、育児相談仲間がたくさんいて安心できます。


当サイトではなるべく新しい情報を提供できるよう努力してはいますが、医療の世界は日進月歩です。ここに書かれている情報がすでに古くなってる可能性もあります。また施設や医師による方針の違いもあります。不明な点は必ずかかりつけの病院、主治医に確認してくださいね。