妊娠・出産・おっぱい・育児情報
 Happy Birth


助産婦メモルが妊娠・出産・おっぱい・育児の情報を発信。
ママ・パパ、プレママ・プレパパ、そして助産師、たまご助産師まで・・・。
【Happy Birth】(赤ちゃんの幸せな誕生)に関わるすべての人を応援するサイトです。
 
妊娠のために | 出産・育児準備 | 妊娠初期 | 妊娠中期 | 妊娠後期 | 出産・産後| おっぱい | 名付け | 赤ちゃん | 育児 | 助産師になりたい



妊娠・出産・おっぱい・育児情報〜Happy Birth〜助産師になりたい>教育課程:基礎助産学

 教育課程:基礎助産学

では、教育課程のひとつひとつについても説明していきましょう。
あくまでも、とある助産学校の教育課程の一例としてご参照くださいね。 

教育課程:基礎助産学


科目
単位
(時間数)
内容
基礎助産学
助産学概論
1
(15)

助産学の基本理念、助産の歴史を理解し、助産師の責務と役割を認識する。

1.助産の概念
2.助産の歴史
3.母子保健の変遷
4.助産師の職性と業務
5.助産師の教育
6.助産師と生命倫理
7.諸外国の助産師活動
8.助産師の現状と将来展望

<具体的には・・・>
助産の基本の基本を学びます。歴史とか法律とか業務とか、教育についてとか。
「産婆」から「助産婦」、そして「助産師」へ。時代とともに常に母子とともにあった助産師。
母子保健に関わるいろいろな法律を覚えるのが大変でした・・・。
基本的には教科書とにらめっこの授業なので、とにかく眠たかったです。
でも諸外国の助産師活動について学ぶのはおもしろかったですね。
学生の分娩介助実習数は50例以上の国があったり、男性助産師の活躍する国があったりー。

人間の性と生殖
1
(30)

人間の性について理解する。

1.人間の性と生殖の概念
2.人間の性行動
3.性と宗教・文化・法律
4.性教育
5.性をめぐる諸問題
6.妊娠成立の機序
7.生殖器系の形態・機能
8.生殖生理
9.生殖に関する疾患

<具体的には・・・>
妊娠成立のためのホルモンの仕組みや排卵の仕組みを学びました。
これは、助産婦を目指す者というよりはむしろ自分のために学んでいた感じですねぇ。
楽しく授業を受けられました。
妊娠人工中絶の増加は、性教育のあり方や必要性について考えさせられました。
女性に多い婦人科疾患、子宮筋腫や子宮内膜症、また不妊症についても学びました。

生殖の生理と病態
1
(30)

生殖系の生理および病態を理解する。

1.妊娠の生理と病態
 1)妊娠の経過
 2)妊娠の異常
2.分娩の生理と病態
 1)分娩の三要素
 2)分娩機転
 3)分娩異常
3.産褥期の生理と病態
 1)産褥期における生理的変化
 2)産褥の異常

<具体的には・・・>
助産師である上で、臨床で絶対に必要な知識・・・、妊娠・分娩・産褥について。
でも教科書には膨大な量の情報が・・・。必死で覚えましたねぇ。
でも臨床実習に出てみると、教科書に載っている情報がすべてではないことをまた知らされるのです・・・。
でも教科書をにらめっこするだけよりは、
臨床実習で症例に合わせて学んでいく方が頭に入りやすいですね。

新生児・乳幼児の
 成長発達
1
(30)

新生児・乳幼児の成長発達および異常について理解する。

1.新生児・未熟児の生理と病態
2.新生児・乳幼児の成長発達
3.新生児の健康診査
4.乳幼児の成長発達に影響する環境因子
5.ハイリスク児の看護

<具体的には・・・>
これも助産師であれば、絶対に必要な知識ですね。
新生児に関わらずですが、「異常」の発見のためには絶対に「正常」を知っておかなければなりません。
学生時代には、正常新生児についてをメインに学んだような気がします。
あー、でもNICU実習に備えて、未熟児やいろいろな疾患についても学んだな。
4ヶ月、8ヶ月、1才半の健診時の観察項目も覚えましたー。

母性の社会学理論
1
(30)

社会環境の現状の中で母子および家族への影響を理解する。

1.社会と家族
2.家族関係
 1)母子相互作用と父子相互作用の発達
 2)母子関係の形成

<具体的には・・・>
はっきり言って何を学んだのか、覚えてない・・・。(^^;)
確か・・・、現在は核家族が多いからどーのこーのという授業だったような。
虐待の話とかも出てたかな。

母性の心理学理論


母性の心理学理論
・演習
1
(30)

1
(15)

女性(母性)のライフサイクル各期の心理を理解する。

1.周産期の女性の心理
2.ライフサイクル各期の女性の心理
3.精神保健
4.精神障害

<具体的には・・・>
妊娠初期、中期、後期にはそれぞれ違った不安を妊婦さんは抱きます。
その不安を理解し、寄り添えるようにと、ロールプレイングをしながら学んだ記憶があります。
でも心理面、精神面ってのも、教科書通りにいくものではないですからね。
知識としてはもちろん必要だけど、結局はそれぞれの人にそれぞれの対応が必要なんですよね。

助産学研究理論


助産学研究・演習
1
(30)

1
(15)

研究のプロセスを通して助産業務の評価ならびに、改善に向けて科学的思考をはかることができる。
研究の実際を通し、データの収集、分析を行い、考察できる。

1.研究のプロセス(文献学習)
2.研究の実際(パソコン操作)

<具体的には・・・>
テーマを決めて、1年かけて研究し、学内発表しました。
いろいろな図書館に行って文献を探したり、アンケートを集計したり、何かと大変でした。
看護学生時代にした看護研究より、はるかに大変でした〜。






HOME

ブログパーツ


サイト内検索

助産師になりたいMENU
『助産婦』
助産師になるには
助産師養成所一覧
助産師養成所一覧:大学院
助産師養成所一覧
 :大学専攻科・別科

助産師養成所一覧
 :短期大学専攻科

助産師養成所一覧
 :1年課程養成所

助産師養成所一覧:大学
教育課程
教育課程:基礎助産学
教育課程:助産診断・技術学
教育課程:地域母子保健
教育課程:助産管理
教育課程:臨地実習










助産を学ぶ方におすすめの本です。

【メモルのおすすめ本】






当サイトではなるべく新しい情報を提供できるよう努力してはいますが、ここに書かれている情報がすでに古くなってる可能性もありますので注意してくださいね。