妊娠・出産・おっぱい・育児情報
 Happy Birth


助産婦メモルが妊娠・出産・おっぱい・育児の情報を発信。
ママ・パパ、プレママ・プレパパ、そして助産師、たまご助産師まで・・・。
【Happy Birth】(赤ちゃんの幸せな誕生)に関わるすべての人を応援するサイトです。
 
妊娠のために | 出産・育児準備 | 妊娠初期 | 妊娠中期 | 妊娠後期 | 出産・産後| おっぱい | 名付け | 赤ちゃん | 育児 | 助産師になりたい



妊娠・出産・おっぱい・育児情報〜Happy Birth〜助産師になりたい>助産婦

 助産婦

 
助産婦


従来の『保健婦助産婦看護婦法』が『保健師助産師看護師法』へと改正され、2002年3月1日より施行となりました。
この改正に伴い、『助産婦』という名称は『助産師』に改められました。

しかし、お気付きでしょうか? 管理人メモルは必ず自分を『助産婦』と名乗ります。
「気付かなかった・・・。」「どっちでもいいじゃない・・・。」 そう思われるかもしれません。
でもそこにはメモルなりの些細なこだわりがあります。

看護婦、保健婦には以前から男性が存在し、『看護士』、『保健士』と呼ばれる人たちも少なくありませんでした。
しかし助産婦は妊産褥婦の体に直接触れることが多く、特に内診時や乳房ケアの際には、たとえケアしてくれる相手が女性であっても、かなりの抵抗があるものです。
そう言った仕事内容からも、『助産婦』は『産婆』と呼ばれていた時代から女性に限られたものだったのです。

ところが、職業における性差別が問題になり、男性助産師導入を求める声が高まり始めたのです。
確かに、『助産婦』と言う業務は、“女子”だけに限定されていて雇用機会均等法・男女差別撤廃条約に見合っていません。
思春期、青年期、成人期、老人期という男性各期に応じた性教育、父親に対する役割支援、不妊治療に際しての男性へのケア、等々は男性の専門家がいるべきなのかもしれません。
しかし、上記にも述べたように100%女性助産師と同じ業務に携わるのは、妊産褥婦の羞恥心を無視することになりかねません。
男性助産師導入に関しては、議論のまっただ中です。いずれ男性の助産師が誕生する時代も来るかもしれません。

メモルは男性助産師導入を反対して、『助産婦』という呼び名にこだわっているわけではありません。
男性だって、生命の誕生の場に携わりたいという気持ちがあっても、何の不思議もありません。
実際に助産師の道を志し、勉強している男性もいます。(しかし今は法律に阻まれていますが・・・。)
メモルにとっては同志です。決して拒むつもりはありません。

メモルはずっと『助産婦』になりたい、と思っていました。
『助産婦』を目指し、高校、看護学校、助産学校と頑張ってきました。
ところがいざ『助産婦』になってみたら、突然の法律改正・・・、『助産師』になってしまいました。
まさに、おいおい状態・・・。おいおい、今さら「私は助産師です。」なんて言えないよぉ・・・。
それがメモルが『助産婦』と名乗る一番の理由かもしれません。

でも他にも理由はあります。
『助産婦』という言葉にはふたつの解釈の方法があります。
ひとつは「お産を助ける婦人」・・・、これは男性助産師導入に関わってきます。
そして、もうひとつは「産婦を助ける」職業であること・・・、これは男性助産師であっても産婦を助けることには変わりありません。

「産婦を助ける」職業に就いたメモルは『助産婦』と名乗っていても、いいのです。
男性助産師が導入されるその日まで、産婆時代からの歴史ある女性だけの職業に誇りをもって、『助産婦』と名乗っていきたいと思います。
メモルは、今までも、これからもずっと『助産婦』なのです。

長々と読んでいただいたわりには、大した理由でなくてごめんなさい。

注)このHP上では、法律に基づき、管理人メモル自身のこと以外は『助産師』という名称で統一していきます。




HOME



ブログパーツ


サイト内検索

助産師になりたいMENU
『助産婦』
助産師になるには
助産師養成所一覧
助産師養成所一覧:大学院
助産師養成所一覧
 :大学専攻科・別科

助産師養成所一覧
 :短期大学専攻科

助産師養成所一覧
 :1年課程養成所

助産師養成所一覧:大学
教育課程
教育課程:基礎助産学
教育課程:助産診断・技術学
教育課程:地域母子保健
教育課程:助産管理
教育課程:臨地実習







当サイトではなるべく新しい情報を提供できるよう努力してはいますが、ここに書かれている情報がすでに古くなってる可能性もありますので注意してくださいね。